盆唐ソウル大病院、「すい臓癌手術後、再発指標発見」

盆唐ソウル大病院、「すい臓癌手術後、再発指標発見」

盆唐ソウル大病院は「すい臓癌患者の癌組織で、RNAを分離して癌移転に関与する『miR-21』の発現が高いほど、手術後坑癌治療効果が良くないという事実を明らかにした」と明らかにした。

研究チームはすい臓癌手術を受けた韓国人患者82人とイタリア人患者45人のすい臓癌組織で、miR-21の発現程度を調査して、これらの坑癌治療後再発率、無病生存期間、全体生存期間などを比較した。

その結果miR-21の発現が高い患者の中61%からすい臓癌が再発した反面、miR-21の発現が低い患者からは32%だけ再発したと説明した。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


廿日市の市民が乳がん集団検診 8・9月の2回 »
« 癌闘病パンクス支援で曽我部、イースタンらトリビュートCD