乳がんを克服し、妊娠中のクリスティナ・アップルゲイト 体調も万全で異常な食欲

乳がんを克服し、妊娠中のクリスティナ・アップルゲイト 体調も万全で異常な食欲

[シネマトゥデイ映画ニュース] 乳がんを克服し、婚約者マーティン・レノーブルとの赤ちゃんを妊娠していることを発表したクリスティナ・アップルゲイトが、妊娠について少しだけ語った。

 日本では妊娠するとレモンなどすっぱいものを欲しがるという説があるように、アメリカでは例えばピクルスとアイスクリームなど、妙な食べ物の組み合わせを好む妊婦がいると言われている。そういう妙な食べ物を欲していないかと聞かれると、「すべてよ! 特にアボカドが食べたくて仕方がないけど、食べ物なら何でも欲するって感じ!」と異常な食欲に自分でも驚いているようだ。
38歳のクリスティナは、生まれてくる赤ちゃんの性別について語らないほか、現在、妊娠何か月目なのかも明らかにしていない。「妊娠何か月かというのは、わたしが知っていればいいこと。0か月から9か月のどこかよ」と質問をかわしたが、体調については良好で、気分は最高だと言っている。

 クリスティナもテレビドラマ「HEROES ヒーローズ」のアリ・ラーター同様、妊娠中もハイヒールを履くのはやめないと宣言。「ハイヒールを履かないとバランスが取れないじゃない。お腹が横に広がるんだから、縦にも伸ばさないとね」と妊娠中は転ばないようぺったんこな靴を履くべきとの世間の常識についてはなんとも思っていないようだ。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


癌闘病パンクス支援で曽我部、イースタンらトリビュートCD »
« 研究助成など11件 北國がん基金、9月30日に贈呈式