桑田佳祐 食道がん告白 早期発見もアルバム発売は延期

桑田佳祐 食道がん告白 早期発見もアルバム発売は延期

サザンオールスターズの桑田佳祐(54)が初期の食道がんを患っていることが28日、分かった。所属事務所が公表、公式ファンサイトなどでも発表された。桑田は今後、患部の切除手術を受けた後しばらく療養するため、10月20日発売予定だったソロアルバムの発売を延期。また、同28日から大みそかまでの全国ツアー(10カ所19公演)はすべてキャンセルとなった。それでも桑田本人は「お楽しみは、あ・と・で」とファンに向けて前向きなメッセージを寄せ、年内復帰への意欲をにじませた。

◆今月中旬、検査で発見
 「桑田佳祐ががんになったらしい」。衝撃的なニュースに列島中が大騒ぎとなった。午後1時、ファンサイトに「桑田さんに関する大切なお知らせ」が掲載されると、ツイッターには心配するファンのつぶやきが津波のごとく押し寄せた。

 所属事務所によると、桑田は半年ほど前に定期健診を受けた際、食道あたりにわずかな異常が見られたが、日常生活に全く支障はなく、「経過観察」となっていた。

 アルバムのレコーディングが佳境に入り、ツアーも控えていることから今月中旬に再度検診を行ったところ、内視鏡検査で腫瘍(しゅよう)が見つかった。組織検査の結果、ステージ1(早期)の食道がんであることが判明したという。

 かつてはヘビースモーカーだった桑田だが、10年以上前から禁煙しており、定期的に運動するなど健康面にも気を使っていた。これまで病気で公演などをキャンセルしたこともなく、今回のツアー中止を非常に残念がっているという。

 一方で、医師と相談の結果、手術をすれば歌手活動に影響が出る可能性は極めて低いということを確認、「しばし治療と静養にあてるお時間をいただいて、またあらためてみなさまにお会いできる機会を、心より楽しみにしたいと思っております」と、前向きなコメントを寄せた。

 さらに「それまでしばらくの間、どうかご心配なさらず(そんなのムリか!?)待っていてくださいね。お楽しみは、あ・と・で」と、いつも通りファンへの気遣いも見せた。妻の原由子(53)らサザンのメンバーも「早期発見でよかった」と感想をもらしているという。

 現在桑田はソロアルバムの作詞活動中で、最近のラジオ番組で「あと5曲」と話していた。今も普段と変わらない生活で、31日にTOKYO FM系列のレギュラー番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」(午後11時放送)でファンに直接コメントを発表した後、8月初旬にも手術に向けて入院することになりそうだ。

 周囲には「年内にアルバムを発売したい」と漏らしており、一刻も早く仕事復帰できることを心待ちにしているという。なお、シングル「本当は怖い愛とロマンス」は、予定通り8月25日に発売される。

◆早期発見は「100%に近い確率で完治」
 食道がんに詳しい国立がん研究センター中央病院(東京都中央区)の食道外科医・井垣弘康氏(49)は、「桑田さんのように進行度が1期(ステージ1)の場合、手術をすればほぼ100%に近い確率で完治し、転移の危険性も極めて低いでしょう」と話す。

 ただ、1期の場合はほぼ自覚症状がなく、冷たいものがしみる程度。慣れた医師による内視鏡検査でなければ非常に分かりづらい。患者の平均年齢は64~65歳で、8割以上が男性。酒やたばこを好む人に多く見られるという。

 病変の広がりが狭い場合、内視鏡で取り去れるが、粘膜下層より深くもぐり込んでいる場合は頸部(けいぶ)や胸部を切開し、食道のほか、場合によっては転移防止のためにリンパ腺を切除する手術が必要。井垣氏は「桑田さんの場合、病変が浅く広がっていた可能性があり、手術に踏み切ったのでは」と分析する。

 手術をする場合は体への負担が大きいため、完全に復帰するまでに約3カ月の療養が必要とも。一方で、桑田の歌手活動への影響については「声を出すための神経が食道に通っているため、一時的に声のかすれが出る可能性もありますが、3カ月以内に戻るでしょう」との見方を示した。

◆定期健診欠かさず 早期発見につながる
 桑田は、「いとしのエリー」のモデルと言われる姉の岩本えり子さん(享年56)を2008年にがんで亡くしている。岩本さんは95年に乳がんを患い、リンパ節まで転移。当時は医師から「末期」と宣告されていたにもかかわらず、見事に克服したが、再び病に倒れ、帰らぬ人となった。

 そんな悲しい過去があるだけに、桑田は定期健診を欠かさず受けるなど健康管理には気を使っており、早期発見につながったと考えられる。

 ◇桑田佳祐(くわた・けいすけ) 1956年2月26日生まれ、神奈川県茅ケ崎市出身。青山学院大学時代に仲間とバンドを結成。ヤマハEastWest77年でベストボーカル賞。78年、サザンオールスターズとしてビクターから「勝手にシンドバッド」でデビュー。82年に原由子と結婚、ファンを招いて大パーティーを開いた。2000年「TSUNAMI」で日本レコード大賞。日本を代表するバンドのボーカルであり、ヒットメーカー、エンターテイナー。ビートルズ、エリック・クラプトン、美空ひばりを敬愛する。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


桑田佳祐・食道がん公表:自慢の先輩、地元の誇り…母校「うそー!」 »
« 猪木 がん公表の桑田に“闘魂エール