前立腺がん治療の仁坂知事が執務再開

前立腺がん治療の仁坂知事が執務再開

前立腺がん治療のため20日から入院中の仁坂吉伸知事(和歌山県)が29日に登庁し、知事室で執務を再開した。

 午前9時40分ごろ登庁した仁坂知事は集まった報道陣を前に「迷惑を掛けましたが、順調に回復しています」と笑顔を見せた。

 仁坂知事によると、がんは定期健康診断で見つかった。進行は遅く、転移の心配もないという。21日の開腹手術で患部を切除した。体を動かすと少し腹筋が痛い程度で、経過は順調という。

 仁坂知事は「早期発見、早期治療は大事。県民すべてに健康診断を受けてもらいたいとあらためて思った」と述べた。

 退院は8月4日の予定で、それまで病院から必要に応じ「通勤」する。この日は午前中で退庁した。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


毎日教育eタウン:明日から「第3回小児がん・脳腫瘍全国大会」をNPO法人エスビューローが開催 »
« 「がんや糖尿病に効く」とロシア産キノコ売る 会社会長ら書類送検