薬事法違反:「がんに効く」輸入キノコ販売 容疑で3人など書類送検 /東京

薬事法違反:「がんに効く」輸入キノコ販売 容疑で3人など書類送検 /東京

「がんや糖尿病に効く」と宣伝し無許可で医薬品を販売したとして、警視庁生活環境課は29日、健康食品販売会社「エフエムテック」(埼玉県行田市)会長の男(65)と「PMO」(大田区)社長の男(64)ら3人と、法人2社を薬事法違反(医薬品の無許可販売)容疑で書類送検した。

 P社の送検容疑は、09年2月~今年1月、川崎市の無職男性(65)ら7人に、ロシアから輸入したキノコ「カバノアナタケ」のか粒23箱を約7万円で販売したとしている。同課は08年10月~今年5月に28都府県の延べ540人に販売したとみている。キノコはエフ社がロシアから輸入し、別の会社で製品化した後、P社が販売していた。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


桑田食道がん公表一夜明け応援メール殺到 »
« 在宅ホスピス、実体験基に紹介 尼崎の開業医出版