健やかわかやま:がん治療に高濃度ビタミンC 吉川博之院長に聞く /和歌山

健やかわかやま:がん治療に高濃度ビタミンC 吉川博之院長に聞く /和歌山

がんによる死亡者数は約114万人(09年人口動態統計概数)で、死因のトップになっている。最新のがん治療法として注目される高濃度ビタミンC点滴療法について、海南市幡川の吉川内科循環器科の吉川博之院長(49)に聞いた。

 ◇がん細胞だけを攻撃
 ■週1~2回の点滴

 高濃度ビタミンC点滴療法は自費診療で行うがんの治療法です。米国の▽国立衛生研究所(NIH)▽国立がん研究所(NCI)▽食品医薬品局(FDA)--の科学者らが05年、米国科学アカデミー紀要でがんに対する有用性を発表し、以後も米国で研究が続けられています。

 1回の点滴量は50~100グラムで、週1~2回行います。作用機序(仕組み)は、血液中のビタミンCが高濃度になると、体内の鉄などへの抗酸化作用で過酸化水素水が発生します。過酸化水素水は正常な細胞には影響せず、がん細胞だけを攻撃して強い傷害を与えます。正常の細胞にはカタラーゼなど過酸化水素を中和する酵素があるため無害なのです。ただし、一部の遺伝的な酵素欠損の方は溶血性貧血を起こすので禁忌です。

 ◇放射線療法と併用も
 ■副作用による生活の質の低下も改善

 ビタミンCは強力な抗酸化作用があることで知られていますが、高濃度になると抗がん作用があるのです。さらに、正常細胞には毒性がない理想的な抗がん剤と言えます。

 米国やカナダでは多くの施設でがん患者さんは高濃度ビタミンC点滴療法を受けています。高濃度ビタミンC点滴療法は化学療法や放射線療法と併用することもできます。進行したがんにおいても、痛みや倦怠(けんたい)感、食欲不振など、化学療法や放射線療法の副作用による生活の質の低下を改善します。

 また、米国などで、がん手術後の再発防止や新たな補助療法としても研究が進められています。既存の化学療法剤に比べて薬の値段が安いのも特徴で、研究が進んで保険診療に組み入れられれば、経済的負担も少なく、利点は多いと思います。

==============

 ■人物略歴

 ◇よしかわ・ひろゆき
 86年、山梨医大卒。90年、県立医大大学院博士課程修了。誠佑記念病院内科医長などを経て、98年から現職。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんと食事療法考える 三次で管理栄養士招き学習会 »
« がん検診:受診率アップへ 県が8企業と連携協定 /熊本