「ER緊急救命室」のM・ティアニー、乳がんから復帰

「ER緊急救命室」のM・ティアニー、乳がんから復帰

 [ロサンゼルス 1日 ロイター] 1年前に乳がんの手術を受けていた米女優モーラ・ティアニー(45)が1日、テレビドラマの新シリーズで復帰することを明らかにした。

 日本でも人気の「ER緊急救命室」への出演で知られるティアニーは昨年、闘病のためNBCのドラマ「Parenthood(原題)」から降板を余儀なくされていた。

 復帰作となるのは、ABCがこの秋に放送開始予定の法廷ドラマ「The Whole Truth」で、検察官として登場する。同ドラマのエグゼクティブプロデューサーは、ティアニーを念頭に登場人物のキャラクターなどを設定したという。

 ティアニーは報道陣に対し「またテレビ番組に出るとは思っていなかったが、(ドラマの)キャラクターに反応した。彼女は非常にまじめでかわいい人物だ」と語っている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


日本人の前立腺がん発症にかかわる遺伝子発見 »
« 小澤征爾さん活動再開、食道がん克服で「第2の人生」