子宮頸がん:小6・中学生のワクチン代助成、佐野市が全額 /栃木

子宮頸がん:小6・中学生のワクチン代助成、佐野市が全額 /栃木

佐野市は2日、子宮頸(けい)がんワクチンの予防接種を市内に在住する現在の小学6年と中学生の女子を対象に、費用を全額助成して実施する、と発表した。

 市健康増進課によると、対象の児童と生徒は計約2300人。10月中旬から来年10月末までに3回の接種を助成する。希望者は、今年度内に1回は実施する必要があるという。

 接種方法は原則として市内の医療機関で、個別に行う。来年度からは、小学6年生の女子のみが対象となる。

 佐野市はこの予防接種の予算として、1億1870万円を9月の補正予算に計上する。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


弘大病院に「がんサロン」 患者ら語らう場に »
« 球追い人:還暦野球30年/11 がん手術 町田忠さん /群馬