自己治癒力引き出せ 注目集めるがんセルフ治療

自己治癒力引き出せ 注目集めるがんセルフ治療

がん患者自身が“治療の主役”になり、食事や生活習慣の改善などで自己治癒力を引き出す「セルフ治療」の効果が、医師や患者たちから注目されている。 ■原因を分析  「自分が自分の主治医になってください」。NPO「がんを治す情報サロン 憩いの森」(大阪市淀川区)の西垣内康行代表(64)は6月、がん患者やその家族らを対象に堺市南区で開いた学習会でこう強調した。  西垣内代表はセルフ治療の実践者。4センチの直腸がんを手術で取り除いた後、がんの仕組みについて独学で勉強した。体の免疫力を落とさないため抗がん剤や放射線治療は拒否。「名前以外は変えよう」と決意し、生活を一変させた。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ネクスティア生命、がん情報Webコンテンツをオープン »
« 食道がんの桑田佳祐さん、手術成功「医師が驚くほどの回復ぶり」