子宮頸がんワクチンに公費助成=来年度予算で要求へ-長妻厚労相

子宮頸がんワクチンに公費助成=来年度予算で要求へ-長妻厚労相

妻厚労相
 長妻昭厚生労働相は4日の参院予算委員会で、子宮頸(けい)がんを予防するワクチン接種の公費助成について、「重要項目の一つとして予算要求をしていきたい」と述べ、2011年度予算の概算要求に盛り込む考えを明らかにした。民主党の桜井充氏への答弁。
 子宮頸がんは、国内では年間約1万5000人が発症し、約3500人が死亡しているという。近年は20~30代の発症が増加している。
 欧米諸国では10代前半を対象に公費によるワクチン接種が行われている。日本でも昨年ワクチンが承認されたが保険が適用されず、3回接種で4万~6万円掛かる自己負担が普及のネックとなっている。一部自治体は助成を始めているが、国の補助を求める声が高まっていた。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がんワクチン公費助成へ 厚労相、予算要求を表明 »
« 厚労相、子宮頸がんワクチン助成の意向