武蔵川理事長、胃がんの手術 

武蔵川理事長、胃がんの手術 

 日本相撲協会の武蔵川理事長(62)=本名石山五郎、元横綱三重ノ海=に胃がんが見つかり、名古屋場所中の7月22日に東京都内の病院で胃の全摘出手術を受けていたことが分かった。関係者によると、5日に両国国技館で記者会見して公表するという。

 6月下旬に体調を崩し、精密検査を受けたところ胃がんが判明した。7月29日に退院し、現在は東京都荒川区の武蔵川部屋で療養している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん、孤立に手だてを 老いる被爆者 »
« 子宮頸がんワクチン公費助成、予算要求へ 厚労相