日本相撲協会・武蔵川理事長復帰会見「胃がんも無事に手術終え回復することができた」

日本相撲協会・武蔵川理事長復帰会見「胃がんも無事に手術終え回復することができた」

理事長職に復帰した日本相撲協会の武蔵川理事長が5日午前11時半すぎ、会見を開いた。
武蔵川理事長は「きょう、5日を持ちまして、理事長に復帰をさせていただきました。名古屋場所謹慎中から、体調を崩し、本来、名古屋場所の初日では、多くの大相撲を愛していただいています皆様、また、大相撲を支えていただいている皆様に、心からおわびをするということを決めておりましたが、体調は思わしくなく、かなうことはできませんでした。この場を借りまして、心からおわび申し上げます。また、精密検査の結果、何カ所か、治療にあたらなければいけない点が見つかりました。その中でも、まず最初に治療しなきゃいけないことは、胃がんがありました。胃がんも無事に手術を終えまして、回復することができました」と語った。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


【大相撲】武蔵川理事長が復帰、胃がんを告白 8月中に辞任表明へ  »
« 武蔵川理事長が当面続投、辞任12日以降か 胃がん告白