武蔵川理事長「胃がん、手術終え回復」

武蔵川理事長「胃がん、手術終え回復」

1カ月ぶりに公の場に姿を現した武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)。やや声に張りがなかったが、記者会見では質問に丁寧に答えた。

 -復帰した気持ちは。

 「謹慎中から体調を崩した。名古屋場所初日に、大相撲を愛してくださっているみなさまにおわびすることを決めていたが、かなわなかった。この場を借りて、心からおわび申し上げる。また村山(弘義)理事長代行には大変なお力添えをいただき、御礼申し上げる」

 -体調不良とは。

 「精密検査の結果、何カ所か治療に当たらなきゃいけない点が見つかった。その中でも、胃がんがあった。7月21日に無事に手術を終えて、回復することができた」

 -辞任報道もあるが。

 「とにかく今は、再生に向け、協会員全員で難局を乗り切るために意見をまとめ上げていかなきゃいけない。そういう気持ちでいっぱいだ」

 -理事会での報告は。

 「今日から復帰しますということと、病状の説明をした。それだけだ」

 -改革への道筋は。

 「このような大変な時期なので、親方、関取衆全員で一心同体となり、改革に当たりたい。外部の先生のご指導やご提案にしっかりと耳を傾け、協会再生のためにこれからも頑張っていきたい」

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


スパコンでがん治療薬開発へ »
« 桑田佳祐 がん手術成功&新曲のオンエアが解禁!