乳がんとはさようなら

乳がんとはさようなら

ピンクリボンキャンペーンはここ10年くらいですっかり定着してきています。

ピンクリボンとは、乳がんの正しい知識を広め、乳がん検診の早期受診を推進すること、などを目的として行われる世界規模の啓発キャンペーン、もしくはそのシンボルです。

日本人女性のうち、乳がんを発症する割合は約20人に1人と言われており、また、乳がんで死亡する女性の数は年間約1万人弱とされ、そのキャンペーンは年を増すごとに拡大しています。

発症は女性だけじゃない?

女性だけが発症すると思ってしまいがちな乳がんですが、女性のように発達してはいませんが、男性にも乳腺組織があります。

したがって男性も乳がんになるということを皆さんはご存知だったでしょうか?

2002年の統計では、乳がんで亡くなった人は全部で9676人。

そのうち72人が男性でした。一般的には100対1くらいの割合ではないかといわれています。

欧米では乳がんの死亡率が下がっているのに対して、日本では死亡率が増加傾向にあります。

乳房を切除しても転移する恐れがあるので、早期発見、早期治療がベストでしょう。

検診費用は?

検診の費用ですが、乳癌検診セットが5、000円から10、000円くらいが多いようです。

病院によって料金が違うようなので問い合わせてみてください。

市などからハガキなどで案内が来る場合は、無料もしくは、1,000円、2,000円で有料と同じ検診ができるようです。

まとめ

話が重くなりましたが、女性のシンボルでもある乳房がなくなるのは悲しいことです。

男性の方は自分のパートナーの乳房が切除されたことにより、性交渉がなくなるのは寂しいことではありませんか?

ピンクリボン関連商品を街中で見かけたときには、少しだけ乳がんのことを考えてみてください。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん転移をふせげるか~理化学研究所、凹凸が細胞の移動を弱める機能を発見 »
« 子宮頸がん対策実現を求め超党派集会、議員連盟結成へ松氏が代表呼び掛け人