子宮頸がんワクチン 中学生の接種費用を助成

子宮頸がんワクチン 中学生の接種費用を助成

鳥取市は、接種費用が高額で家庭の負担が大きい子宮頸がんワクチンについて、中学生を対象に費用の半額を独自に助成する方針を固めた。負担を軽くして接種率を高め、子宮頸がんの予防につなげる。竹内功市長が6日の定例会見で明らかにした。

 窓口負担がない定期接種に対し、子宮頸がんワクチンは自己負担が必要な任意接種。予防には3回の接種が必要とされ、費用は計約5万円掛かる。

 助成対象は市内の中学1年生から3年生の女子生徒約2700人。市中央保健センターは7割が助成制度を利用すると見込んでいる。

 市は9月補正予算案に約3千万円の事業費を盛り込む。可決されれば来年1月から実施する。

 県内では若桜、三朝、伯耆の3町が同ワクチンの助成制度を設けている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


高津住男さんが死去、74歳…肝臓がん »
« パラグアイ大統領 がんと診断