どうする「未病」:子宮頸がん、乳がん検診の無料クーポン券を配布

どうする「未病」:子宮頸がん、乳がん検診の無料クーポン券を配布

毎日の買い物などなどのさまざまに便利なバウチャー。 あなたは、医療に巻きつく自由なバウチャーが、まもなく発行されるのを知っていますか?

子宮頸(Kei)癌の診察と乳癌診察の自由なバウチャーが特定の年齢に厚生労働省が本年度に進める「女性への独特の癌の診察販売促進企業」の部分によって女性に分配されるので、それは分配されます。 2008個の年度目標40、45、50、55、および60の20、25、30、35、および40歳、完全な歳のときに、実施要綱に従った子宮子宮癌診察における乳癌診察による歳は公表されました。 約450万人に上がるとすぐに、バウチャーは分配される予定です、そして、原簿アレンジメントなどの準備は将来、発行日から6カ月の物の人の限界がある時の市区の町、村、および使用で完全です。
ビジネス実行を背景として、独特の癌の診察対女性の受診率があります、そして、様々な外国と比べて、低レベルの現状があります。 癌の診察受診率(国立がんセンターがん対策クリアリングハウス)が乳癌(40歳以上)による07年間あって、20.3の%と子宮癌(20歳以上)が、21.3%であり、7に達する欧米がある大きい始まりです–80パーセント。
さらに、それがアプローチの遅れが顕著であるという乳癌の早期発見の役に立つのは、想定された胸部X線写真の受診率です。 経済協力開発機構(OECD)に関する08のバージョンHealthデータによると、日本の受診率は、わずかに88.5%毎の5.6%フランスと、スウェーデンの83.6%と、合衆国の72.5%でした。 がんの早期発見はそうです。死亡率の減少を引き起こすのは、予想されています。早期治療その結果、そして、乳癌を伴うレートが実際に欧米で減少させ始める死亡率。
この診察販売促進ビジネスは、経済恐慌の「将来のものへの投資につながる子育てサポート」の一部が測定したので、本年度に補正予算までまとめられたものと、本年度の限界の位置です。 しかしながら、来年度以降のビジネスの継続性がこの結果に基づいて調べられるので、自由なバウチャーの多くのユーザがいれば将来相談速度向上に通じるとき、注意をそれに向けます。 (itouaya/作家オフィスクリオ属)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


フォーラム:女性のがん検診 ピンクリボン大阪設立記念、9月に岸和田で /大阪 »
« がんウイルスが「防御役」分解 愛知がんセンター、名大解明