がんウイルスが「防御役」分解 愛知がんセンター、名大解明

がんウイルスが「防御役」分解 愛知がんセンター、名大解明

愛知県のがんセンター実験室腫瘍(腫瘍)ウィルス学一部と良いTakashi佐藤研修員(27)という確かめられた人の癌のウイルスとTatsuya鶴見(54)ディレクターはセル癌の作成のディフェンスであったタンパク質が名古屋大学との共同研究で分解されているというメカニズムを確かめました。 それは合衆国(31番目と日付を入れられた電子版)の伝染病専門誌で発行されます。
遺伝子異常による癌の病気の外観は一般的ですが、部分はウイルスによって引き起こされます。 それは新しいメカニズム”EBV”を消した、そうする6種類の人々の癌のウイルスの種類です。 リンパ腫などの血だらけの癌、喉頭蓋(ふしだら)癌、および胃癌は引き起こされます。
標準電池の中では、異常細胞の増殖が起こると、”p53″と呼ばれる癌管理タンパク質は、セルへの死を押して、癌への作成は抑圧されます。 p53の量は約1/10との減少が発見されて、急進論者が変化して、p53であるのにもかかわらずの、EBVに感染しているとき、一度起動されるということです。 癌への作成にブレーキをかけるp53が見えなくなった理由は調べられました。
自分で結合する「ユビキチンに利かせてください」と呼ばれる機能は、セル、不要なタンパク質ある特異タンパクがあるということであり、断片への処理を備えているという解決をします。 容易に起こらないこの現象が、癌のウイルスがあるとき、役に立つタンパク質であるp53に起こるのが理解されて、それは、不要なタンパク質であると考えられていて、解決処理を終わっています。
「p53の減少を制御する方法をメカニズム、および調査結果の理解に関連づけてください。」と、鶴見ディレクターは話しています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


どうする「未病」:子宮頸がん、乳がん検診の無料クーポン券を配布 »
« 生きる:小児がん征圧キャンペーン 闘病励ますキャンプ、映画に