生きる:小児がん征圧キャンペーン 闘病励ますキャンプ、映画に

生きる:小児がん征圧キャンペーン 闘病励ますキャンプ、映画に

- 「家で古い状態で1つを訪問してください」も: 母親として。癌に通知した子供の記録映画サマーキャンプを記録する「スタイルの形」「須磨-tomunsuton」は8月1日に公開されています。 監督される聖路加国際病院のryoufuto Hosotaniサブ指導官「共感してください、そして、友情と生活を送ってください。 私は、重要なものが伝えられると思います。 」それは話します。 【Akiko田村】

ボランティア団体「須磨-tomunsuton」(代表していてサブディレクターのHosotani)は幼児の癌の征服圧力資金調達の一部を使用します、そして、キャンプは毎年、98年間実行されます。 病気と闘う子供は、心配に関して日常生活で互いに互いに話します、そして、それは自然と触れ合っている間、ハイキングと酪農経験を楽しんでいます。
映画に出演した兵庫県の西宮市の部分と吉田美土里(26)は、今月、山梨県の清里停滞期の中でただターンする25日を始める今年のキャンプへの1歳のリンを長女として占領します。 リンはさん/さんの腕で笑いました。 言った吉田、「キャンプによって会われた友人は、それが確実に嬉しかったと考えます」。

さん/さん 吉田。急性リンパ性白血病6歳のときに、展開します。 外来治療は小学校の4年に続けられていました。 初めて、キャンプに参加しました: 高校の2年で。 「夢は、一緒に子供と共に祝福されて、キャンプに参加します。」 「さん/さん」 吉田は映画のナレーションで非常に紹介されます。
それが2年前をキャンプさせて、夢が今年ますます実現した後に、妊娠は理解されます。 それが話されているのが「病気への正しい考えに、それはうれしいです」。

新市伊勢(60)監督「私は様々な人生の外観を取りたかったです。 キャンプを助ける人の数が自らでさえ増加するなら」それは話しました。
映画が公共のコネに開かれる、「Porepore、東中野、」 8月1日のNakano Ward東中野東京について。 DVD合計における08年までキャンプを記録する最大9本のボリュームが、同時に、市販されます。 問い合せはise FILM(03・3406・9455)です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんウイルスが「防御役」分解 愛知がんセンター、名大解明 »
« 緩和ケア充実へ専門家が議論 広島で大会