がん患者らによる公開講座開かれる

がん患者らによる公開講座開かれる

日本癌治療学会は本年度に大いに変化します。 患者と共になり、癌の医療を変えた、それの前に癌患者による公開講座を開いたとしても、今年の秋に医学の学術団体で初めて癌患者でも開かれた学術団体を開催するでしょうに。
公開講座のテーマはzubariです。 「sonomo「癌の医療において、患者はセンターです」。 「癌に打ち勝った人」、それ、病気に対する癌の戦いにおける医師と看護師はそれぞれの経験で患者が立ち向かわれた心を問題などに関して話しました。
「(それが癌の病気の名前であるので。)それはショックを与えました、その’ドカン’を言って。名前を取ります、そして、それが’ホップ”Pon’を命名しているとき、あなたは、緊張を取ることができます。 」(ヤマウチをnashikaoします)

そのうえ、雇用が癌、および生存者だけの注意にかかったことによって不利になったのがわかって、癌が回復したとしても生涯抗ガン剤の副作用によって苦しめられたケースがあったとき、相次いで来てください。
さらに、それが夫婦生活をあきらめた患者が、紹介されたとしても現実がわずかでない普通の人生を取り戻すために重要であり、癌にかかったことによって「性生活は決してあきらめられないことなど」ように、癌にかかったと強調されました。
「好きなことは完了しています、そして、好きなことは言われています。」 「(Naoto上野)。」
学術団体では、秋に行われた科学ミーティングに参加する癌患者への販売促進システムが始動されるとき、患者との積極的な共同作業を試みたがっていると思われて、また、患者のコミュニケーション空間になる客間は、インストールされます。
「アプローチが将来これまでそれが医療人の研究アウトレットでしたが、学術団体のように社会的な義務を果たすために患者の視線と癌に打ち勝った人の視線で癌の治療を良くし始めたということです。」 「(日本の癌の治療学協会Toru岩石の手の薬の大きい教授の議長の杉山)。」

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


緩和ケア充実へ専門家が議論 広島で大会 »
« 乳がん市民セミナー:早期発見へ 100人参加--久留米 /福岡