中皮腫死亡の元新日鉄従業員、石綿扱わなくても労災認定

中皮腫死亡の元新日鉄従業員、石綿扱わなくても労災認定

都市の男性(68歳のときに、死ぬ)は直接新日鉄の工場で働いた後に、中皮腫にかかって、労災補償評価が受けられたのを理解していた福岡県のユタカの正面でアスベスト(アスベスト)製品を処理するビジネスを担当していませんでしたが、アスベストのため中皮腫にかかったことが認められます。 多量のアスベスト製品が製鉄所で使用されたと考えられていたと思われます、それを言って。断熱材。
サポートグループは、仮定、「珍しいケース」もこの認識もそうでなかったのを知っている、彼の身体に悩む犠牲者の発見と救援にアスベストに露出されていた状態で通じると予想しています。
男性はコークス工場のために1959?88年間遺族によると、八幡の製鉄と合併でできる新日鉄の従業員として北九州市の戸畑区で働いています。 石炭は混ぜられました、そして、乾きました、そして、それはコークス炉に輸送された仕事「選炭」に従事していました。 それは関連会社に続きました、そして、89年と95年の間でこの工場で同じ仕事をしました。
アスベストを使用した耐熱衣服を着ていて、したコークス炉がある修理と断熱材の修理のようなアスベストなどを含んだアスベスト製品に触れるために、仕事がこの工場にありましたが、男性はそのような仕事に就いていませんでした。 , また。
せきと肺の痛みなどは去年の1月に上告されました、そして、それは3月に死にます。 労災補償は12月に申し込まれました、そして、北九州西Labor Standards Inspectionオフィスは労災補償を認識しました。今年の4月の遺族。
必要であることで、それが製造している**を扱って、中皮腫患者が認められるべき1年間以上のなどがそれであったならばアスベストを含む製品を扱うためには、労災補償であるということです。 遺族側はこの苦心「コークス工場では、アスベストがコークス炉と配管などに断熱材、およびアスベストまゆのreの事情として使用された」kishoなどに主張されました。

それは想定されて、これはkishoに苦痛を与えますが、「全体的に見てそれを考えている場合、作業環境などは判断されたこと」が詳細な認識理由をはっきりさせませんでした。
**遺族を支持する「それに会うと、新日鉄八幡アスベスト問題について考える」(北九州市の八幡西区)福田議長の6管理は評価します、 「個人的にアスベストに関連する仕事をしていない人によってさえ容易にアスベストに露出された製鉄所の作業現実が認められたと言うことができます」。 呼ばれます、「製鉄所に業務経験を持っている人は、仕事の内容にかかわらずそれに注意して欲しい」ということです。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん患者中心の医療探る 盛岡で公開講座開き討論 »
« 緩和ケアの質向上へ議論