緩和ケアの質向上へ議論

緩和ケアの質向上へ議論

NPO法人「日本のホスピスパリアティブ・ケア社会」の年次大会は市の中区広島の広島の国際会議センターにおける18日を始めました。 全の国の医師と約700人の看護師が癌患者の人生が充実している道路を捜します。 19日まで。
シンポジウムがありました、そして、5人の医師が、初日評価に関する意見とパリアティブ・ケアの品質の改良を交換しました。 東京の大きい大学院のMiyashita(はちみつペースト)講師が話したHikareiは、だれが緩和ケア病棟で死んだかを患者の家族へのアンケート結果に基礎づけました、そして、「医療に対する満足は高かったです、そして、また、期間の長い入院待ちなどで改良を要求する声は際立っていました」。 kokorozashin、yasushiottoに、「改良された仕事の反復は不可欠です。」と、この社会の評価委員会の議長は強調しました。

19日に、講演と「家族の注意」や「最終での注意」などの具体的なテーマの公開討論会があります。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


中皮腫死亡の元新日鉄従業員、石綿扱わなくても労災認定 »
« 「絶対うまくいく」緩和ケア支援診療所の全国展開を