「絶対うまくいく」緩和ケア支援診療所の全国展開を

「絶対うまくいく」緩和ケア支援診療所の全国展開を

30人という1人が癌で死んだら、年をとってください。 患者が判決を下されて、「もう、回復されていないこと」は、死にどこに直面しているかを望むかもしれません。 「ホーム」と答えるとき、それは本当に可能になるでしょうか?
床の診療所を全く設立しなかった川越厚ささん、「「人として死ぬのでありたいと思うこと」の末期ガンの患者の願望がアウトですが、在宅医療の現行制度で実感されないで、」 その領域で訪問看護のチームと提携して末期ガンの患者に在宅介護を支持するディレクターと「グループアン・パリ」として自らに勤める(墨田区、東京)コネ、および2000年の回復老人のためのデイケア・サービスなどが指すホーム診療所川越。
末期ガンの患者への在宅医療で、進んでくれませんか?Whatは今、要求されていますか?1番目でアクティブな創成期の、そして、尋ねられた川越さんが今話を裏打ちするので、それは日本の末期ガンの患者への在宅医療に関連しました。 (Senooをyukariします)

- 在宅医療を促進する手段は、なぜ不毛の地ですか?

–Veryは、初めに日本の在宅医療に関して末期ガンの患者に捕らえられた現在のウォーキングです–
私は、私が、以前20年が持っていると思うとき、現在の夢が、不安のキャンセルなどのように総合的に気にかけることを死にするホスピス薬と末期ガンの患者のために痛みを軽くし始めたように、状況になると思います。 変化したものは、いろいろな事でしたが、例えばドラッグを使用するのは、その時、非常に難しかったです。 私は、それが1989年のMS konchinの処方薬の販売、フェンタニルパッチとモルヒネの使用を緩和する販売から始めると考えます、そして、最近などをしました、そして、提供できた医療は、たいへん変化しました。
そのうえ、92における、医療法の一部改正がありました、そして、滞在は3番目の医療の場として現れました。 この他、国は患者、家族、および医療の人生上質(QOL)のこれまで経済的に最も低い費用で最善で認識から在宅医療の普及のための法整備を進めました。
医療人がそれが1だけで変わりやすくなかったので、病院の中心でそれを組み立てることによってまだ医療について考えているということです。 私は、滞在が、現在昔に滞在する事実を知らない人によって説得されている現状があるのが、同じであると言うことができると思います。
Whatはそれです。人は人ですか?家にいることに関して事実話を知らない
例えば、がん対策の総合的で、計画的な販売促進を目的として、2006年に作られた「がん対策の基本法則」があります。 癌患者の在宅医療は基本的な考え方の1つで促進されますが、これは実際にうまく行きません。 それは具体的に計画し始めたとき、在宅医療を知らなかった人が、販売促進について考えたからです。 システムが実行される過去の病院の指導の在宅医療の販売促進を取り除かせることができない状況があります。
がん対策の基本法則には、3ポイントが主としてあります。 ドラッグストアはそうです。あなたが存在する教師で親切な状態で何をじっと見るか、そして、家にいるnetworkHowever、末期ガンの患者を診察したいために大部分の5%の診療所だけにあるところの情報のある作成です。 患者がいつ病院から戻るかを手順などに示した2番目は、通っています。 3番目は相談です。 専門家がいるので、何かがあるときには、相談してください。
あなたは上手に作られていませんか?However、私たちのような在宅ホスピスを実際に好きである男性が、言うとき、実行可能性が全くありません。
–Whatは具体的にそうです–
例えば、それは、作成の局面のネットワークでネットワークに診療所を含める専門であると指摘できます。 教師の知識が高くしても、その領域の診療所の医療レベルによって上げて、パリアティブ・ケアに関するがん対策の基本法則で下部の癌患者の通信に試みられようとしますが、医療に関する知識だけで不十分です。 すなわち、単にモルヒネに関する知識と放射線治療を習得するのは、役に立ちません。 24時間中で気にかけることを取るために、患者と家族が感じるという不安が難しいするのは、まさしくそのです。死ぬ、それ、現在の人の世話をしてください。
Palliativeは相当するように家にいて、相談が完了していても、それがベース病院のPCT(緩和剤のケアチーム)であることを知らないユニットについて気にかけます。 彼らのアドバイスが「それは滞在するのにおいて不可能です、そして、それを入院させてください」です。 ”

- 証拠に基づく提案

Then、何が、現在末期ガンの患者の在宅医療を促進するのに必要ですか?
私は、それが本当なシステムにおける末期ガンの患者の在宅医療をしようとする領域で診療所とPCC(パリアティブ・ケアサポート診療所)を上げるのが必要であると思います。 今日、「Do、あなたが末期ガンの患者の世話をする、はい、それが後の面相である、」「どんなサンプルができさえしますか? 最大1と2つの例」ネットワークへの作成が集まっている診療所の情報によってリストから進められても教師の経験が全くそこにないので、最後まで世話をされないのは、低下です。 それは結局救急車を呼びます、そして、終わりは入院です。
さらに、政策がまた、ベッドの数の減少が掛かっていて、末期ガンの患者が受け入れられる一般病棟がありましたが、そのような区の前で速く閉じられた流れにはそれがある国にあります。 ERと共にもそのような患者に対応する現状があります。 そのようなどんな奇妙なものもありません。 地域医療の破壊に通じる可能性があります。
したがって、末期ガンの患者の医療が専門で行われるそれぞれの領域の診療所を上げてください。 そのうえ、それは「ネットワークでつなぐことができるとき、良くはありません」、そして、実際に数字を出すのが、必要です。
Putting、それの数はそうですか?例えば、末期ガンの患者の家のshiritsuが約13%約6%をなるようにした、あらゆる、それが墨田区であったときに、そこであるなら、この10年は私のように1つの診療所でした。 1つの場所だけをできます、そして、このだけ違いは出かけます。 岩手県の上に北へ行く都市は、よりひどいです。 多くの人口がまたでない、ありますが、それは約15年の経過の6から24.5%に来ています。
結果としてホールアウトすることのない図に提示されて、ネットワークだけが新たに作られています、そして、どんな中でもう「これは眠ってみること」の前述の年令もありません。
In aは言い表して、それは言われています。机の理論ではなく、根拠がある提案。はい。 ネットワークでつなぎます。作ります。なってください。診療所。全の国。開発。提案してください。正しい。信念をもって。うまく行ってください。say.Because、それは私が経験を練習したという走っている注意です。
- 在宅医療を管理するための必要なものは何ですか?

教師は昨年、厚生労働省への家の診療販売促進のために研究の結果のレポートをさせました。はい。 滑らかな在宅医療に必要であったことを局面から05年から3年費やしながら、「回復人の家のものという注意している訪問看護師と医師の協力の研究」と題するレポートを提出しました。 3ポイントが大いにあります。
目は、専門が在宅医療から要求される1つの分野です。 そのような理由があるので、私が末期ガンの患者の在宅医療を促進するとき、PCCの特別な診療所は設計されます。
二次的に、チームで働くのが、必要です。 看護師以外に実際に医師と薬剤師と医療行為に関連する介護士の協力体制を持つのが、必要です。
3番目に「指示は約束されます」。 「債券として、それはチームを結びます。」 あなたは、あなたが約束の指示を通過という単語に置き換えることができますが、通るまさしくその1つがあればそれがそれに続くように持っているだけである、理解されたパラグラフがあると思います。 しかしながら、私はそのように考えません。
–Whatはそれです–
それはすべてです、そして、厚生労働省で1つが通って、その領域で行われることですが、サイトの医師が必ずずっとそれをするというわけではありませんか、またはあなたと言う日本は、今、あなたをそれに続けるかもしれません。 私は、それがまねられないことを完成したと思いますが、医師は/一人で自体それを作るべきです。 そんなに適用されていた状態で、それが必要であるとき、出て来るべきであると思われます。
それのInチーム

- 運命として気にかけられるホスピス

決勝、滞在することによって教師が気にかけることに執着する理由を聞かせてください。今や医師になって以来、40年が経過しています。 ホスピスが専門家と半分の癌の治療の半分を投薬するのに従って、それは来ました。 他方では。治療します。我慢強い。局面。.experience.Itは39歳での大腸癌になりました、そして、死ぬか、または送られることにかかわらずそれはさまよいました。 そのうえ、家は58歳での白血病になります、そして、家族でも患者を雇う経験があります。 そこでの願望に関して、生物学的人生の終わりの唯一でないとしての人生で、人の死にもかかわらず、社会的な存在も終わります。 病院で世話をされて、それに持っている時点で、その時、決して気付きませんでした。 患者というホスピスの気にかけることがある「家族の気持ちはあれほど真剣ですか?」moreoverThinking1人の傷病者と家族は大きい原則です。
あなたはなぜ家にいますか?私が家であるときに、経験における処理薬がスプーンを放り出して、「それは役に立たないこと」が示されるとき、明確に自信を持って言うために、それがベストで正しいのが、可能であるということであるので、理由は患者のために入賞します。 進むのは、それは医療にそんなにかかわると考えられて、beru-fuと、私の医師として運命です。
それは閉じ返しません。 それはそのような場所ですか?

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


緩和ケアの質向上へ議論 »
« がんと闘うために…栄養管理し体重維持を EPA 代謝異常を正常化