がんと闘うために…栄養管理し体重維持を EPA 代謝異常を正常化

がんと闘うために…栄養管理し体重維持を EPA 代謝異常を正常化

それを診断した癌患者の半数が既に言われていたとき、喪失が重みを加えるのは、見られるでしょう。 この減少が少しでも抑圧されるので、重要なものは栄養管理です、そして、それは処理と日常生活に耐えることができる体力を維持します。 医療の進歩で癌患者の寿命が長くなるのがQOLが(生活の質)であると内部と癌の第一段階からの適切な栄養管理由をすることによって保つことができるのが理解されます。  (Fukuzawaのイギリスの故郷)

「体重減少がまた、成長するなら、なるのに従って、平均の寿命は短くする」Itがそうです。それが話すオークマ病院(名古屋市の北区)のseisatoshi谷口指導官はグラフ=と等しいです。
= 2つのパターンがやせる際に存在する図。 経腸栄養法、静脈滋養方法、およびbecomeingから保持する滋養指導などが癌患者への新陳代謝に関する独特の問題のため起こった「癌のためやせます」と比べて患者と衰退を薄くならせるように、それは過去の栄養管理で難しかったです。
悪液質が’引き起こされる」癌と谷口ディレクターは、「筋肉と獣脂の減少と拒食症は代謝異常がいつ進むか、そして、弱化と呼ばれる状態に引き起こされます。’と説明します。
それは欠陥があるなら、重さと除脂肪体重だけではなく、取られた休息でエネルギー消費量と筋肉を作るタンパク質が、分解されている量も一般的な摂食と減少します。 しかしながら、重さと除脂肪体重などが減少している間癌の悪液質の状態に入るとき、増加は縞のタンパク質の解決の残りと量におけるエネルギー消費量で大差です。
癌への患者のボディーの免疫反応と癌細胞が放出するので、「炎症性サイトカイン」が出した「タンパク質解決誘導要素(PIF)」を働かせるのは癌の悪液質を招く理由として指摘されます。
次に、癌の悪液質の状態は、阻まれて、サイトカインの生産人生を減少させて、密度とPIFの活性を抑圧することによって、遅れることができます。 栄養物とEPA、海外の結果、注意を向けるのにおいて、大いに、臨床試験は近年佐波やイワシ(エイコサペンタエン酸)などの青い魚に含まれています。
サイトカインとPIFの働きは抑圧されました、そして、代謝異常を正常にした働きが、はっきりさせられました。 1日(227グラムの佐波とイワシに187グラム対応している)あたり2グラムの取入口が有効であることが理解されます。
EPAに詳しく述べられた名古屋市立大学大学院薬のシステム研究科(名古屋市のNizuho区)のHiromitsu Takeyama教授(消化器官の手術)「栄養管理はEPAを豊富に含む魚肉が、癌から推薦されるように、それが癌の悪液質を引き起こすと予想される患者への第一段階が重要であることを確信しています。 重さが一定であるなら、QOLだけではなく、治療効果も上がります。 」それはそれを強調します。
-

それであれば良いです。喪失を食い止めるためにはまさしくその雌ジカは重みを加えますか?中の総支配人の足立加代子詳しく述べます。 東京Takanawa病院(東京港区)の栄養管理由部屋が癌患者の栄養管理に「普通の食事に加えて、より遠くにウナギやサンマなどの2と3匹の脂肪性の魚でビタミンCやβカロテンなどの酸化防止剤ビタミンを含む、5と6枚の緑黄色野菜プレートを食べること」を推薦するisenpo。
そのような量の滋養は市販されました、そして、製薬会社「アボット日本」は、先月の終わりによく、効率的に残額を補給できた栄養機能食品を市販に出しました(東京港区)。 EPAを補給できます、そして、600のキロカロリーがタンパク質を32グラム補給します、そして、それが薬ではなく、紙パック飲料であるので、2.2グラムで摂取できること以外にエネルギーはそれであれば荷造りする1日あたり2までに普通の食事に加えて飲まれます。
総支配人足立「それが癌と診断されるなら、体重を落とさないでください。 私は、また、多くの魚を食べる家でそれを覚えておいて欲しいと思います。 」それは話します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「絶対うまくいく」緩和ケア支援診療所の全国展開を »
« Tポイント:ピンクリボン運動に寄付「Tポイント・チャリティ」実施