医師自ら癒やしの音色 県立がんセンター、緩和病棟で演奏会

医師自ら癒やしの音色 県立がんセンター、緩和病棟で演奏会

首都の帝国の王子】 患者が古典を楽しんだとしても、県のがんセンター呼吸器とピアノ演奏会の3人の医師によるチェロは16日に同じ中央の緩和ケア病棟で4丁目の積極的な南などで持たれていました。
3人は、同じセンターで肺癌治療のそれ、Haruko鈴木、および中原理恵を専攻する呼吸器の医師のYuka神山理由です。 古典の優しいトーンが区に影響したとき、拍手や「アンコール」などの歓声は患者から飛びました、そして、それは広がりました。
チェロを弾いた神山さん「それは、患者の正面で働くことができて、良かったです。 音楽の幸福は共有できました。 」それは話しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


協和発酵キリン 米で血液がん治療焼く開発 »
« がん患う女性にかつらを…毛髪提供で患者の生活支援