がん患う女性にかつらを…毛髪提供で患者の生活支援

がん患う女性にかつらを…毛髪提供で患者の生活支援

無料でヘアピースを贈るアプローチは、脱毛で癌の治療の副作用などで心配する女性に達しました。 品質のヘアピースに関して、それは、満足でき終えます、そして、20万円かかる多くのものか以上があります、そして、患者の経済負荷は大きいです。 女性は、そこでヘアピースを作るために彼女の髪を提供します。 それは「身なりを整えたいと思います」と願っている患者へのサポートです。

都市エリアの約50人の看護している女子学生がNPO法人などを呼ぶことにおける、髪の申し出に協力した、「Kyansa-ribonzu、」 (東京) 癌患者に働くには、今春を支持してください。 頭がはげた女性の癌患者のためにヘアピースを作りながらそれを提示するのは、目的です。 学生は、人の髪に去年の秋から1年間の半分の間、それを維持している間、長くなって、3月に東京の美容院でそれを切らせました。 ヘアピースは、そうした学生の髪から作られて、集められました、そして、それは、6月にそれを9人の女性の癌患者まで提示しました。
kyansa-ribonzuの瑞穂広瀬さん「満足でき終える品質のヘアピースは20万ですか?Itは30万円させる現状です。 心配する多くの患者がいます、そして、’私は人に会いたくなく’て、’私は出かけたくはありません’…大金また. . 同類が購入できない手斧。 ‘積極的になるのは、可能でした’と言って、ヘアピースを贈る女性は、嬉しいです。 」それは話します。
鋭いイベントが保持されたそうであった、その美容院、「Sarondoeregansu、」 また、千葉県のオーク都市では、力が、5月、6月の週末に合衆国の女性の癌患者のためにヘアピースに使用される髪を提示します。 主婦と小学生はさらに20センチメートルがあるに違いないか、〈1〉染料髪と〈2〉髪がパーマをかけられていないそのようなものが束ねた状態がありますが、寄贈できる髪に私の髪を提供します。 美容師は、無料で切れて、関係者の拡張髪をシャンプーして、それを設定しようとしました。 「癌への使用に苦しむ者をつけたこと」の場合にそれが嬉しかったと言われています。「関与しています」。

それは、この出来事(30)を計画する美容師の長岡奉子です。 それが2007年から約1.5年間働いていたニューヨークの美容院のボランティアとして女性の癌患者のヘアピースを作るキャンペーンに参加したのは機会になりました。
合衆国の道具メーカー「P&G」は06年のこのキャンペーンを始めます、そして、高校生と主婦は彼女の髪を提供します、そして、3000個以上のヘアピースが今までのところ、患者に寄贈されました。
「癌で、私が渡米する前に、祖母は、死にました、そして、治療の副作用から髪を失う外観は見られました、そして、それは苦痛な時間を過しました。 それは、有効に美容師の在職期間を利用して、国を超えている脱毛で心配する患者を支持したがっていました。 」長岡さんは解決を話します。
彼女の髪は、長岡さんのアプローチを知っている女性によって美容院に届けられます、そして、長岡さんは今までのところ私を含むキャンペーン事務局に彼の13の髪を郵送しました。 25日の夜、この美容院で出来事は開催される予定です。
7月からkyansa-ribonzuへのまた、P&G(神戸市)の日本の本部が日本で活動を広げて、それがヘアピースの購入費にそれを割り当てる10月にそれ自身のヘアケア製品の販売の一部を寄付します。 約100個のヘアピースの申し出は1年の中に計画されています、そして、ヘアピースの応募者は癌患者のために雑誌などで募集されます。
乳癌を経験した貴子ヤマザキの美のジャーナリスト「髪が無くなるので、女性の癌患者は人目を避ける傾向があるようになります、そして、社会との接触で的外れに切られて、それはなろうとします。 重大過ぎる問題。 ヘアピースのための髪の申し出のアプローチは患者のQOL(生活の質)と精神的なサポートの改良につながります。 」それは話します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


医師自ら癒やしの音色 県立がんセンター、緩和病棟で演奏会 »
« がんと闘うために…栄養管理し体重維持を EPA 代謝異常を正常化