生きている幸せ歌に  長男が骨髄移植

生きている幸せ歌に  長男が骨髄移植

それは、山形で19日に関して話しながら、プレーを発表します。喜びを作る歌が自らで住んで、山形市の西田とYuko主婦の鈴木(49)(hiroko)が患者と家族を奨励する活動を実行するところにある状態で、骨髄移植でエネルギッシュに白血病を克服する長男は、19日に7日間山形市で町の保持された同じ都市の平和な都市の宣言ビジネスの平和なコンサートを表現します。 それが少ししか作らない人生の多くの出来事が、年をとるときには、今日、年をとってください。 さん/さん 鈴木、だれ、経験豊富な重病自体も「また、生きたくても生きていることができない人がいます。 心配があっても、エネルギッシュに生きていた状態でなにかを言いたいと思います。善良さを言います。 」習慣は繰り返して完了しています。
病気になりました。takashibun、(:、小学校takafumi) (22)の…4年における長男に関する急性骨髄性白血病 1998年にドナーが骨髄バンク、および骨髄移植で見つけられましたが、後遺症などによる高校入り口が続いた直前肝炎とリンパ浮腫と戦われた入院人生を得ました。 兆候は現在軽くなります、そして、東北公益文科サイズ(酒田市)に従って、それは求職と卒業論文で一生懸命働いています。 さん/さん 鈴木は「自らのためにエネルギッシュに料理する人生を過ごすために、すべて上にそれはあっ」てその目を狭くします、もっとも、心配して、息子であることの日は部品と人生は単独で人ではありませんか?
「自ら、できることの重要性を感じる、32歳での脳腫瘍の経験、」また「生まれつきの名手」 人生、強さ。 「要人は計り知れません、そして、おそらく生きている小休止が計り知れないということではありません。 人として何かを言いたいと思う、だれ、経験豊富である、怖さ、無くなるか。 」。願望は軽いまひが左半身に残っていましたが、takashibunを移植した後に、電子ピアノを遊び回らせながら話すことによって言われることを決定していました。 最初に、猛練習が重ねられて、それが指がもつれましたが、それに伴っている間、歌うことができる状態で生まれたと言われます。
2は19日に発表されます。 6年前に扱われた「人生のTsubasaarigatou」に、以下の歌詞があります。
「新しい人生は当日乗られました、そして、生まれ変わっているあなたは会われました。 それは、優しい人に出くわすことができて本当に良かったですか?」。

さん/さん 鈴木「ドナーが見つけられたとき、存在は、急速にそれを開きました。 謝意があふれたなら、それは爆発するように思えました、そして、書きませんでした。 」それは振り向きます。
「それはうれしいです(クリーンルームから行くのは、可能でした)。」1 別。 「「それはうれし(クリーンルームから行くのは、可能でした)」。1 別。 「苦しむときのクリーンルームで1カ月を過ごす長男に触れることができなかった印象は、乗り切られます、そして、操作が置かれた後に、それは再び密接に迎え入れられます。」
さん/さん 鈴木は、現在「それは骨髄バンクのようなサポートsuruyamagataの協会です」の経営委員会として役目を果たして、患者と家族のためにボランティア活動を続けています。 「人生について少ししか作らない時代の傾向がありますが、歌を通して生きる幸福を感じることができるなら、最近、うれしいです。」 ”

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんと闘うために…栄養管理し体重維持を EPA 代謝異常を正常化 »
« 07年度、北九州市 市民のがん検診受診率 政令市で最低レベル 信金など4社と初の協定結ぶ 合同で呼び掛けへ