07年度、北九州市 市民のがん検診受診率 政令市で最低レベル 信金など4社と初の協定結ぶ 合同で呼び掛けへ

07年度、北九州市 市民のがん検診受診率 政令市で最低レベル 信金など4社と初の協定結ぶ 合同で呼び掛けへ

年度2007の北九州市の癌の診察受診率が(その時)厚生労働省の調査17の全国的な政令指定都市で最も低いレベルで中であることがわかりました。 受診率に関して、胃癌は2.6%でした、そして、乳癌は5.9%でした、そして、また、大腸癌も2.1%における政令指定都市で最も低かったです。 子宮癌は13位でした、そして、肺癌は11位でした。
したがって、都市は13日に受診率を上げるために市民に診察を求めた「’癌’から北九州の市民を弁護したプロジェクト」の協定に福岡ひびき消費者信用組合(八幡東区)などのような4つの会社を接続しました。 受診率の低度を知っていた4つの会社が、都市にプロポーズしました、そして、それはそれを達成しました。 政令指定都市による言われていて、1番目がそのような協定の接続を調節するということです。
また、都市に従って、07年の10万の人口の癌で死亡率も政令指定都市で最も悪いです。 都市は12年度のすべての癌の診察の受診率の50%の達成を目的としています。
東京海上日動火災保険、アメリカンファミリー生命保険、およびさらにそれは、協定を締結した富国生命保険です。 10万 一般的なリーフレットは作られていて、それは各社の窓口で顧客に相談を求めます。 リーフレットのアンケートが答えられるとき、それは、石鹸を贈ります。
市長が挨拶した北のhashikenjiは結論タイプで「歓迎された協力で新しい相談に通じます」。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


生きている幸せ歌に  長男が骨髄移植 »
« 悪性リンパ腫(3)つらい治療 ノートにつづる