けいざい・しずおか:がん患者向け口腔ケア製品、県歯科医師会など開発 /静岡

けいざい・しずおか:がん患者向け口腔ケア製品、県歯科医師会など開発 /静岡

県の静岡がんセンター(長泉町)と県の歯医者の協会は、癌の治療のため口内の不快な症状を片づけたので、サンスターがある湿潤剤などの製品について気にかけながら、共同で、口(したがって、食べる)を開発しました。 それが早いなら、今月結局、県の歯科医院で早めの販売をします。
それが口で賢く、同じくらいが中心に置く説明では、抗ガン剤処理などを受ける患者は、また、ねばねばして、歯での刺激がつやが出るのを感じることの例を持っています。 頭部頚部癌、およびそれの再建手術の前に容易に感染していなく特別な口腔ケアをするとき、そのうえ、(2) 操作の後に(1)の感染率に1/3に降りる口内の細菌の数は減少しますか? それは分かりました。
したがって、3人は県(医療の蓄積と健康関連産業)のfarumabare-purojekutoの一部として開発に取り組みました。 癌患者だけではなく、だれが口の乾性などで心配するかを高齢者に気にかけもすることのそれが役に立つと言われています。 「製品の研究者と患者の口での0観測から発生して、本当の意見を聞い」て、同じ歯科歯科が論評した中央のOtaのディレクターYojiro。

サンスターに関するバトラーシリーズは5種類新製品のものです、そして、同じセンターがこのうちある状態で、3種類は共同特許に申し込んでいます。 それは数カ月以内に場所の県の多くの数百で歯科医院に循環します、そして、同社によると、その後、全の国の気質を癌のベース病院に目的とします。
新製品は柔らかいことの*です。維持します。 ..低いshime洗口液体「マウスコンディショナー」*刺激のつや出しに歯をつけさせてください。 ..”」 #03年代のインチの「温和なペースト」*歯ブラシ口のタモツshimeekiを「スプレーをゲル化させます」。それはとうもろこしなどを*希釈タイプ「スポンジブラシ」の原料にします。 「同じセンターと同社のためだけにホームページの上でネットを販売します。」 【ajishin、ichiに、倒します】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


押阪忍アナ大腸がん手術で結腸の一部切除 »
« 乳がんのリンパ節転移を手術中に検査 北村山公立病院、最新機器を導入