押阪忍アナ大腸がん手術で結腸の一部切除

押阪忍アナ大腸がん手術で結腸の一部切除

それは、o**の自由なアナウンサーの忍の(74)が大腸癌のため入院して、6月22日に切除手術を受け取ったためにはっきりさせられた15番目でした。 それは、テレビ朝日のo**前例からのアナウンサー人生の51年目に受信するアンナとNETですが、入院と操作は1回目です。 ポリープは5月に受けられた定期健診で発見されました、そして、癌は大腸のコロンの部分に再調査で検出されました。 それは東京の病院で2.5時間作動させます。 多くのセンチメートルが切除されました、そして、1/4コロンに同等な上行結腸は16本の針によって縫われました。 それは、4日に既に今月を病院に発ちます、そして、21日の東京FMに関する定時番組の収集のための声のリハビリテーションは始められました。
○**アンナ「通知を受け取ったとき、さらに進歩をするときの大きいショックでしたが、それは重大でした。 早期発見のための必ず、定期健診」それは呼びます。 それは現役継続に関して熱心ですが「現在、声の状態は約70パーセントです。 起源に戻らないとき、それは、引き際について考えます。 」また、引退はそれを外さない解決のためのリハビリテーションを進めます

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


30~40歳代の  受診率アップ課題 »
« 山田邦子さん:がん体験、笑いで紹介