山田邦子さん:がん体験、笑いで紹介

山田邦子さん:がん体験、笑いで紹介

71番目のステージ最新の報告女性客間(琉球新報の社の後援)の最初のコースは14日の市の泉崎那覇の琉球新報ホールでした、そして、テレビタレントKuniko山田は「安全であり、提供しよう」テーマでそれについて講義しました。 さん/さん だれかが、2年前に乳癌を見つけて、克服しました。山田、笑いを交換している間、点検と操作の外観を導入します。 癌。我慢強い。支持します。早期発見。処理。重要。上告してください。すべて。歌ってください。大きな声。笑ってください。いいぞ。扱います。歌声。ホール。エネルギッシュ。してください。

さん/さん 生き生きとした青いドレス炎による矢つぎばやに生まれながらの冗談に見えた山田。 それが早期発見であれば、人生は無くなっていません。乳癌の疑問を理解した初期段階にテレビ番組外観から始まるという経験、「Everyoneは思います’自体、確実に、’. 」自己診察と相談のImportanceは呼ばれました。
病気の名前が公表されるとき、多くの奨励が引き起こされます。 それは可能です。「. . 同じ病気の人お互いを理解するために、エネルギッシュになります、近くでは、それが考えられるなら、”得るとき、私が、けしかけます。」というWithへの説明傾向がありますが、その’私’を言って。 癌に立ち向かった人々と家族は発表されました、そして、勇気であることでできたとき、形成「スターの混ぜられた声のコーラス」の活動を導入しました、そして、「春はなどだったことなど」の歌がホールで歌われました、そして、自らによる作成の音楽は発表されました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


押阪忍アナ大腸がん手術で結腸の一部切除 »
« 伊賀市:補正予算案 がん無料検診券交付、はしご車や通園バス更新 /三重