高校野球石川大会 きょう開幕 がん克服 雪辱の夏

高校野球石川大会 きょう開幕 がん克服 雪辱の夏

Hoshiryouと北川監督
‘エネルギーと体力は高められます’。 ‘
15日に始まる91番目の時間の全国的な全国高校野球大会石川集会。 町=は癌(52)=との1年の戦いを終える北川の良い監督のIchida金沢で著名な県のベテランとhoshiryouを導きます。「大きい病気はクリアされました、そして、エネルギーと体力は高められました」。 「病気を克服する信用を忘れずに、病室に費やされた去年の夏の報復は誓われます。」 (部分を報告して、谷岡をseishiします)

北川監督は、2005年9月にhoshiryouの監督の地位に就きます。 07の石川代表としてのKoshienに。 しかしながら、それは去年の4月に報告されました。健康診断による胃癌。 「私、確実に」 「体力は自信があったので、ショックは大きかったです。」 チームは森の調和nabuの長さ(33)に任せられていました、そして、抗ガン剤処理は始められました。
それは去年の夏に集会の始まりの直前作動します。 2/3の胃を取り除きました、そして、スタジアムに行くのは、可能ではありませんでした。 1つの点差のため、2つの連勝を目的としたチームは、準々決勝の激しい打ち合いで泣きました。 結果が病室で言われて、それが後悔されたのを「プレーヤーは謝ります」。

8月の病院でいなくなりましたが、体力は下がります、そして、重さは最大10キロ減少しました。 表面は冬に習慣に作り出されました、そして、それは今春に県議会で監督に戻りました。 「助かりましたが、邪魔されて、皆はそれを助からせました。 それは、現在、物理的で強さとエネルギーを高めます。 」それは解決されます、そして、パワーは置かれます。
フナキ大きい川のキャプテン(3年)はスリムな直後にいなくなっている病院に完全になった北川監督の外観に驚いていました。 「それはまだ肉体的にきつくなければなりません。 それでも、ノックは厳しく打たれます。 」それは解決されます、そして、毎日の習慣のために感謝したいと思います。 「プレーヤーの気持ちを理解していて、プレーヤーを愛している監督。 Koshienに始めて、恩にこたえたいと思います。 」。それはチームぶりに組合と2年間先端を目的とします。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


俊輔のセルティック元同僚が末期がん記事を印刷する »
« がん診療連携拠点病院の更新 指定望む 県協議会