がん診療連携拠点病院の更新 指定望む 県協議会

がん診療連携拠点病院の更新 指定望む 県協議会

県の癌の診療ベースになった病院の間の協力を強化した「県の癌の診療のためのコンファレンス」(山口のta県の静岡がんセンターの議長と社長)が、14日に本年度で県庁における2番目のミーティングを開きました。 それは、年度末に癌の診療のために国のそばにベース病院の指定されたアップデート時間を控えました、そして、病院の長さは活発に意見を交換しました。
10の病院が県の中の癌の診療のために国からベース病院まで仕様を受け取りました。 しかしながら、国が新たにタイプで打たれたので、1つの病院のそれが2番目の仕様の医療の球、2病院のマルチでどうiに決着をつけるかあたりの本質的に、状況は球がある8医療県の焦点です。 「(仕様からの) 落とされるのは説得力がありません。」 「病院の代表。」 「(新しいことへの。)国の仕様を受け取りたいと思います。 私は、それを推薦して欲しいと思います。県必ず、国。 」意見は出て来ました。
それは未来に各球によってさらに、調べられるでしょう、そして、県は、10月の終わりに指定された候補病院を国に推薦します。 国は、次の3月頃に指定病院について決めます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


高校野球石川大会 きょう開幕 がん克服 雪辱の夏 »
« 俊輔の同僚ジョン・ハートソンがんに