骨肉腫と闘う:/2 悪性腫瘍の恐れ、血の気うせた妻=社会部・佐々木雅彦 /大阪

骨肉腫と闘う:/2 悪性腫瘍の恐れ、血の気うせた妻=社会部・佐々木雅彦 /大阪

昨年の12月15日。 妻(44)と共に大阪と奈良の境界の中のKongo-zan山に登ったとき、それは翌朝でした。 体重が左足に増えたとき、コアへのそれが影響した痛みは、ももを攻撃しました。
仕事は終わって、それは卵が骨盤の近くで大腿骨のX光線によって見つけられたのと同じくらい大きく診療所、および洞窟に立ち寄りました。 それが医師によって言われている、「それに見えますが、操作が必要である、良性腫瘍、(腫瘍) 」 そして、「後に、作動します、約1カ月の入院。」 操作を聞きながら言うために単語を全く見つけませんでしたが、「それは良いです」と言って、それは安心していました。
それは診療所からの紹介状を持っています、そして、初診は正月に明ける1月5日の国立病院メカニズム大阪ヘルス・センターの整形外科によって受けられます。 しかしながら、医師「悪性への恐怖も。 また、転移も明白です。 」それは報告されました。
「それが悪性であるなら、人工関節を提供します、そして、抗ガン剤処理のために1年間の半分の間、それを入院させます。」 “「たいへん破砕するのは、簡単です。 折り重なるなら、悪い方はボディーに達します。 」

心の準備をしませんでした。 側部の汗をかかれた湿気。 血液の色はそうする妻の顔のように近くに見えなくなりました。
会社に電車で通いましたが、衝撃で骨を壊すのは、おびえています。 上司に説明しました、そして、翌日を会社を休んだでしょう、そして、それは、1週間後に入院の用意をしました。 <社会部とMasahiko佐々木(43)>

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


俊輔の同僚ジョン・ハートソンがんに »
« がんを生きる:/39 精巣腫瘍/中 厳しい治療と孤独な日々 /大阪