「特編・緩和ケア」インタビュー一線の医師も担うべき木沢義之医師

「特編・緩和ケア」インタビュー一線の医師も担うべき木沢義之医師

パリアティブ・ケア普及の現在の状況と問題は教育的なトレーニング議長として日本のパリアティブ・ケア社会に勤めた科学的研究講師について木沢慶幸医師への筑波大学大学院男性統合部に尋ねられました。
Howによるパリアティブ・ケアの必要性について考えたということですか?
「大きいテーマ、ボディーと心で苦痛であるか否かに関係なく、和らげられて、癌の医療は進みましたが、ゆったりそれを少しでも費やすことができてください。 終わりの状態ではなく、痛みが扱っている間、あるか、そして、気にかけるという必要性は決められます。 患者が痛みなしで遺族の調査でさえそれを費やすことができるだろうという解答は半数です、そして、残りには、それが苦痛の緩和にそれを満たさない現状があります。 」
 –専門家のShouldは気にかけることを担当します–
「それはそうではありません。 癌治療を産出する線の医師がほとんどの問題に対処できるべきであるとき、パリアティブ・ケアの専門家とチームは現れるべきです、そして、通信の範囲は超えられています。 例えば、ほとんどの医師が采配を振っています、そして、高血圧の治療はItがまた、緩和剤の注意も同じであるという思いであることのようになるように持っているだけであるケースの難しいなどで専門家に引き継がれます。 」
 Howは遭遇します。あなたは現状に遭遇しますか?
「国の普及に関して、それはまだ十分ではありません。 問題は、知識を持っている医療スタッフと基本的な緩和剤の注意をするための技術がわずかであるということです。 教育とサポートのシステムが不十分であることは、1つの原因であるかもしれません。 癌の専門病院の医師のために意図する調査では、十分な教育を受けた解答は約20パーセントです。 約50パーセントの欧米と比べて、それは明らかにわずかです。 」
 実施のがん対策の基本法則の影響: 2007年に。
「すべての医師の獲得からの国のハングは中でパリアティブ・ケアの目的とするのに関する基礎知識の癌の診療にかかわりました。 私たちは05年後に合衆国の1つについて言及している間、日本独自のパリアティブ・ケア教育プログラムを開発しました。 厚生労働省の委託は受け取られています、そして、それは現在プログラムに基づいているパリアティブ・ケア教育リーダーの昇進とのトレーニング協会の把持に取り組みます。 」
 効果が上がるDoes–Futureタスク。
「目標は、いつでもどこでも高品質なように緩和剤の注意を皆に提供させることです。 ‘普及には、長い道のりがまだありますが、また’私はしないこと’が声の’パリアティブ・ケアを持っている医療関係者で増加させた人が私の仕事ではありません。 それは、今日、アプローチを続けて、看護師、アシスタント、患者、および家族のためにパリアティブ・ケア教育プログラムの開発を進めたがっています。 」

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「特編・緩和ケア」サイド2痛みの治療は多様に医療用麻薬に誤解も »
« Dr.中川のがんから死生をみつめる:/15 人工呼吸器の影響