Dr.中川のがんから死生をみつめる:/15 人工呼吸器の影響

Dr.中川のがんから死生をみつめる:/15 人工呼吸器の影響

参議院。本会議。人。死。してください。ベース。考え。通ってください。after an interval of臓器移植法。復習してください。

「脳死」では、「人工呼吸器」の存在は不可欠です。 脳死は1970年代に人工呼吸器の普及に存在しませんでした。 一言で言えば、脳死は「最近することができた死」です。 ”

心臓停止、また、そして、すべて間もなく、脳の減少と息の機能が止まるなら、内臓は、止まります。 これは「心臓死」です。 「人工呼吸器はこの死の過程を変えました。」 酸素がある限り、脳からの指令が全くなくても、心臓は脈打ちます。 息が人工呼吸器で保たれたなら、それは過去の「心臓死」に到着しなかった状態は維持できる状態で生まれました。

人工呼吸器は癌患者の「死の望ましい方法」に影響を及ぼしました。 1世紀あたり4.5の前の私が医師になったとき、末期ガンに伴う患者の状態が悪化したとき、適用はわずかではありませんでした。気管の口と首のために作られた穴から人工のrespiratorTheチューブを置きます、そして、マシンで濃縮酸素を送ります。 自然に苦痛ですが、それが意識しているので、それは鎮静剤と共に昏睡(昏睡)の状態にそれを入れます。
数日間人生長期化を得ますが、話しがそれになると言及しないように、意識しています。 それが進んで、左の時間と友人の家族と豊かに費やすほうがよいことができるでしょうが、病気であるので、痛みがganhaodayakaで過ぎ去る限り、機会は逃されました。
人工呼吸器がまた、適用されても、癌が進歩をするので、内臓の働きは間もなく、減少するでしょう。 それは「時間収益」です。 「ちょうど。」 そして、また、心臓の動きが弱くなったとき、時折手で心臓を動かす「心臓マッサージ」をしました。 家族はそうでした。病室の外で待って、心電図の波の形が完全な病室を引っぱり入れて、死刑宣告を受けたのは、呼ばれます。 これをもって、心が通勤する「さようなら」の時間が全くありません。
末期ガンのそのような「起死回生策」は、しない現在の傾向です。 しかしながら、それを言うことができます。そんなに無機の病院の死の現実のものが尊敬するということであることは、存在しています。 私が癌で死ぬとき、Iが明確に書く、「不要である、復活が測定する、」 (Keiichi中川、東京の大きい付属病院、および緩和剤の准教授は診療ディレクターについて気にかけます)

参議院。本会議。人。死。してください。ベース。考え。通ってください。after an interval of臓器移植法。復習してください。

「脳死」では、「人工呼吸器」の存在は不可欠です。 脳死は1970年代に人工呼吸器の普及に存在しませんでした。 一言で言えば、脳死は「最近することができた死」です。 ”

心臓停止、また、そして、すべて間もなく、脳の減少と息の機能が止まるなら、内臓は、止まります。 これは「心臓死」です。 「人工呼吸器はこの死の過程を変えました。」 酸素がある限り、脳からの指令が全くなくても、心臓は脈打ちます。 息が人工呼吸器で保たれたなら、それは過去の「心臓死」に到着しなかった状態は維持できる状態で生まれました。

人工呼吸器は癌患者の「死の望ましい方法」に影響を及ぼしました。 1世紀あたり4.5の前の私が医師になったとき、末期ガンに伴う患者の状態が悪化したとき、適用はわずかではありませんでした。気管の口と首のために作られた穴から人工のrespiratorTheチューブを置きます、そして、マシンで濃縮酸素を送ります。 自然に苦痛ですが、それが意識しているので、それは鎮静剤と共に昏睡(昏睡)の状態にそれを入れます。
数日間人生長期化を得ますが、話しがそれになると言及しないように、意識しています。 それが進んで、左の時間と友人の家族と豊かに費やすほうがよいことができるでしょうが、病気であるので、痛みがganhaodayakaで過ぎ去る限り、機会は逃されました。
人工呼吸器がまた、適用されても、癌が進歩をするので、内臓の働きは間もなく、減少するでしょう。 それは「時間収益」です。 「ちょうど。」 そして、また、心臓の動きが弱くなったとき、時折手で心臓を動かす「心臓マッサージ」をしました。 家族はそうでした。病室の外で待って、心電図の波の形が完全な病室を引っぱり入れて、死刑宣告を受けたのは、呼ばれます。 これをもって、心が通勤する「さようなら」の時間が全くありません。
末期ガンのそのような「起死回生策」は、しない現在の傾向です。 しかしながら、それを言うことができます。そんなに無機の病院の死の現実のものが尊敬するということであることは、存在しています。 私が癌で死ぬとき、Iが明確に書く、「不要である、復活が測定する、」 (Keiichi中川、東京の大きい付属病院、および緩和剤の准教授は診療ディレクターについて気にかけます)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「特編・緩和ケア」インタビュー一線の医師も担うべき木沢義之医師 »
« 生きる:小児がん征圧キャンペーン ポケモン試写会、子供ら52人招待