生きる:小児がん征圧キャンペーン ポケモン試写会、子供ら52人招待

生きる:小児がん征圧キャンペーン ポケモン試写会、子供ら52人招待

東邦システム映画の特別なプレビュー、「劇場バージョンポケット巨大ダイヤモンドpa-ruaruseusuの時空、超**、」 13日の東京の千代田の区によって所有されている簡単な町1の東邦本部では、病気と闘った子供が、奨励されたとしても、開かれました。 「生きてください」が幼児の癌の征服圧力キャンペーンのアウトラインを一致させた東邦が、子供と家族のような52人などを招待しました。

映画は、英雄の仲間のsatoshiとピカチュウの周りで時空を超えていて、旅行しに出かける話です。 試写会を行った後に、子供は、この映画でアクティブな状態で「ミpichuを見るギーザ」に会いました、そして、手と握手しました、そして、声も提起している間、「それはすてきです」と言って、書かれた手紙を手渡した子供がいました。
それは5歳、および処理経験が存在する千葉県の橋本日に急性リンパ性白血病になります。基本の2年は群がります。 koromosai(8):「それは非常に満足でした。 友人と話したいと思います。 」それは解決して、微笑は示されました。 東邦が18日に系列であることで全の国は中の映画に公開されています。 【Akiko田村】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


Dr.中川のがんから死生をみつめる:/15 人工呼吸器の影響 »
« 韓国統一省、金正日総書記のすい臓がん説関知せず