宮城発の提案採用 がん対策市民協働プログラム

宮城発の提案採用 がん対策市民協働プログラム

試験結論は「地方の出発とPuは登録すること」について発表されました。「. . がん対策市民協会のラムを運動させ」て、13日にそれの広告を出しました。特定非営利活動促進法人日この医療政策メカニズム(東京)… 12に関するプログラムは全国を通じて採用されました、そして、宮城県の我慢強い協会の代表が提案した患者支持器ビジネスは、東北だけから選ばれました。
それは質の向上の早期発見などと癌の診療の癌を目的としました、そして、このメカニズムは全の国から広告を出しました。 63ポイント、およびこの9ポイントのプロジェクト(それは1年あたり300万円の販売促進量であった)には利用が3ポイントありました、そして、揺りかご(100万円)のプロジェクトはビジネスの見通しのなどに基づいて選ばれました。
「我慢強い出発病院に宮城バージョンを発つときにはプロジェクトを支持してください。」提案されて、宮城は、このプロジェクトになるように選ばれました。
小冊子包含はなどに注意します。患者が退院するとき、どこでサポートグループの接触を作るか、そして、回復している「病院をキットに出るサポート」を分配します、そして、進行症例に基づいて退院した後に、サポートのインディケータを病院に提供します。
秋に200人の患者を目的としながら、キットは分配される予定です。 我慢強い協会や、NPO法人や、県や、東北大学などの7つのグループが協力するとき、それは働いています。
「カトレアの森林」(仙台市)我慢強い協会代表しているJunko Gonai(49): 提案者に関して、単独です。 「退院した後に、患者支持器のニーズは高いのですが、現状は十分ではありません。 それは、サポートのシステムを確立して、患者と家族の不安を取り消したがっています。 」それは話します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


韓国統一省、金正日総書記のすい臓がん説関知せず »
« 金総書記 膵臓がんか 韓国TV、『疑い』と報道