金総書記 膵臓がんか 韓国TV、『疑い』と報道

金総書記 膵臓がんか 韓国TV、『疑い』と報道

【ソウルは築山Eijiと等しいです】北朝鮮の総書記のキムジョンイル(ジョンイル・キム)。すい臓、(. . 韓国の13番目のニュースの特別なテレビのYTNで、suizou) 癌に苦しむのにおいて疑問があったと報告しました。 情報に関連する、中国と韓国の人の話は引用されました。
それは説明されて、諜報機関と関連する韓国の人は、お金の総書記の健康な劣化の情報はもっとも、それが膵癌であったか否かに関係なく、「それを確認するのは、可能でないこと」を認めました。 「病気の種名を列挙するために、レポートがありましたが、分からないでください。」と、韓国Unification Ministryのスポークスマンは同じ日の朝の記者会見で話しました。

YTNに従った膵癌への診断の時間は去年の8月に脳卒中で下がった時間とほとんど等しいです。 膵癌が中国の医学の人の話として進行されている状態で発見されると手術が受けられても、人の人生の残りは5年間以下想定されます。
お金の総書記は今月の8日の15回目の死亡記念日の故キムイルソンのもの(イルソン・キム)が悲しげな集会を中心に置く社長に応対しました、そして、アニメーションは3カ月ぶりに放送されました。 それは足を引きずって、薄くなって、薄くなったように思えました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


宮城発の提案採用 がん対策市民協働プログラム »
« 北朝鮮:金総書記、膵臓がんか 脳卒中と同時期に診断--韓国報道