がん検診、きちんと受けて

がん検診、きちんと受けて

政府は、9日にがんの早期発見を押すために、「癌の診察50%の販売促進本部」(健康大臣余市総支配人舛添)をセットアップして、測定の会議を始めました。 約15 まだ県の癌の診察受診率ですが、25%は全国平均のものより高いです。 年令でも疾病リスクの高い外観がある低受診率にはケースがあるので、県は、「受診率の下部の上げを試みたいと思います。」と仮定します。
県の死の住民の原因の1位は癌のため全体(2008)の約28%を占めます。 (1) それは各部分の肺(2)胃の(3)肝臓(4)大腸ですか?飲むこと。 ジュン。 県の自治体が実行する癌の診察(年度2007)の肺癌の受診率はおよそ二度40%以上あたり、国家が平均しているということです。 しかしながら、それはさらに、目標値の50%未満に大いに落下します。
そのうえ、年令のときにも医師に最も相談して欲しいという低受診率に関する問題があります。 30代の多くの患者がいるので、子宮頸(Kei)癌は2年に一度20歳か、より多くの女性に診察を求めますが、30代の受診率は約5%にすぎません。 「若年者で癌にかかる時代ではなく、考慮が高いです。」と、県の健康なコントロール師団は話します。
本年度に、政府は、自治体を通して子宮子宮癌と乳癌診察に関して特定の年齢に達した女性への自由なバウチャーを分配します。 自治体は8月に分配を目的とする準備を進めています。 子宮子宮癌の物の時代は20、25、30、35、および40歳です。 乳癌は40、45、50、55、および60歳です。
県は、今年の秋に大学生でキャンペーン軍団を組織化して、診察の相談に懇願する予定です。 「癌が早期発見であり、治療されるなら、回復する可能性は高いです。 私は、診察を覚えておいて欲しいと思います。 」それは呼びます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


金総書記、すい臓がんか 余命5年未満と韓国メディア »
« 金総書記、すい臓がん…韓国報道