日本ホスピス・在宅ケア研究会:全国大会 生保会社にアピール文 /高知

日本ホスピス・在宅ケア研究会:全国大会 生保会社にアピール文 /高知

- 増進と癌の回復を支持する保険制度を知ること。
「全国を通じて集められた医療関係者、および2日間(この大学協会経営委員会後援)が始まった30残りの講演会などが維持された「日本のホスピスと在宅介護社会」の全国大会」などと11日の都市の2つのホール。 上告文は、増進を要求するためにこの社会は発表されました、そして、保険制度をそんなに経済的に知っていると、癌の回復は、開会するのに従って生命保険会社から滞在することによって、支持されました。
上告文では、癌患者は、多くの人々がボディー、精神、社会、および経済的な痛みを背負って、経済負荷の圧力を和らげるのに個人的ながん保険を使用していると仮定したくて、「家の回復を支持する商品は、充実していません。」と主張します。 人の人生と医師の6つの残りの中であるときには人生によって明らかに患者と民間人に説明されるよう要求されている前に、死亡保険金の部分か全額を受け取ることができる「リビング・ニーズ」月は癌のなどのためそれを判断します。

そのうえ、「アプリケーション拡大」を目的とするという必要性は、更新して、さらに滞在する際に様々なサービスを利用する既存の保険契約を契約しようとする必要はないためにしました、そして、また、在宅支援を目的とした新商品の開発を進めるのは指摘されました。
この社会の大頭の信頼理事長「医療は目まぐるしく変化します、そして、保険業界も私たちの知識も追いついていません。私は、保険会社に商品が家の回復で導かれている市民を助けて欲しいと思います。 」それは話しました。
-   -

この大学協会は県の文化会館の県の住民でそれもつかみます。 それは12日にさえ説教されます、そして、シンポジウムなどは予定されています。 そのうえ、従業員は2つの保険会社会社と余分なシンポジウムから招待されて、「民間医療保険から在宅ホスピスについて考える」(3番目では、多目的はこのホールと午後1時に同居する)が開かれるということです。 【1000wakiyasushihira】

- 増進と癌の回復を支持する保険制度を知ること。
「全国を通じて集められた医療関係者、および2日間(この大学協会経営委員会後援)が始まった30残りの講演会などが維持された「日本のホスピスと在宅介護社会」の全国大会」などと11日の都市の2つのホール。 上告文は、増進を要求するためにこの社会は発表されました、そして、保険制度をそんなに経済的に知っていると、癌の回復は、開会するのに従って生命保険会社から滞在することによって、支持されました。
上告文では、癌患者は、多くの人々がボディー、精神、社会、および経済的な痛みを背負って、経済負荷の圧力を和らげるのに個人的ながん保険を使用していると仮定したくて、「家の回復を支持する商品は、充実していません。」と主張します。 人の人生と医師の6つの残りの中であるときには人生によって明らかに患者と民間人に説明されるよう要求されている前に、死亡保険金の部分か全額を受け取ることができる「リビング・ニーズ」月は癌のなどのためそれを判断します。

そのうえ、「アプリケーション拡大」を目的とするという必要性は、更新して、さらに滞在する際に様々なサービスを利用する既存の保険契約を契約しようとする必要はないためにしました、そして、また、在宅支援を目的とした新商品の開発を進めるのは指摘されました。
この社会の大頭の信頼理事長「医療は目まぐるしく変化します、そして、保険業界も私たちの知識も追いついていません。私は、保険会社に商品が家の回復で導かれている市民を助けて欲しいと思います。 」それは話しました。
-   -

この大学協会は県の文化会館の県の住民でそれもつかみます。 それは12日にさえ説教されます、そして、シンポジウムなどは予定されています。 そのうえ、従業員は2つの保険会社会社と余分なシンポジウムから招待されて、「民間医療保険から在宅ホスピスについて考える」(3番目では、多目的はこのホールと午後1時に同居する)が開かれるということです。 【1000wakiyasushihira】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


金総書記:膵臓がん?韓国のテレビ局が報道 »
« がん緩和ケア医師ら意見 岩国でフォーラム