がん緩和ケア医師ら意見 岩国でフォーラム

がん緩和ケア医師ら意見 岩国でフォーラム

それはSinfonia岩国です。岩国市の11番目。 ‘「パリアティブ・ケア..Iwakuniヘルス・センター癌のフォーラムは何です”。」However、hiraは萎んだか。 市民などの約150人は同じセンターの後援を得ました、そして、それは癌患者の心身の痛みを和らげた「パリアティブ・ケア」医療に関する医師と看護師の意見を聞きました。
合計で3人の看護師が、アプローチと現状が初めに各見地からパリアティブ・ケアにかかわった医師であると、報告します。 **[ほら穴に住んでください; yukiko]という岩国の中央の病院のサブ指導官: この病院に提供されたインディケータを紹介している間。 「不安は癌患者と家族の最も良い痛みです。 痛みはそのようなもの同じくらい社会的な問題のためボディー的で精神的に起こります。 和らぐのはきちんと重要です。 」それはそれを強調しました。
同じ都市の訪問看護ステーションの杉山Fumieは緩和剤の注意が実行されたアンケートの結果に基礎づけた家に必要な状態として問題の人と家族の理解、nurser、および往診などを数え上げました。
広島県の古いkuchichigikoの福山市民病院とパリアティブ・ケア部の長さに従ったこの後の特別講演もありました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


日本ホスピス・在宅ケア研究会:全国大会 生保会社にアピール文 /高知 »
« 在宅ケアなど考える全国大会始まる 高知に1000人