在宅ケアなど考える全国大会始まる 高知に1000人

在宅ケアなど考える全国大会始まる 高知に1000人

癌のパリアティブ・ケアと在宅医療の啓発に取り組んだ日本のホスピス在宅介護社会の高知における17番目の全国的な集会、などは高知市の本町などで県の文化会館の県の住民における11日を始めました。1000年の医療関係者や市民などのAbout民族は全国を通じて参加しました。 シンポジウム、看病、および看病などのように各部会に分割された討論会は、開かれました。
集会が12日にさえ行われます、そして、午後1時30分にも日本ユニセフ協会の大使として勤めるアグネス・チャンの公開講座があります。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん緩和ケア医師ら意見 岩国でフォーラム »
« がん患者に必要情報 冊子紹介