NPO講演会:がん治癒へ生活改善 元患者が体験談、座談会--きょう、天神 /福岡

NPO講演会:がん治癒へ生活改善 元患者が体験談、座談会--きょう、天神 /福岡

改良で癌の回復を練習する「癌の我慢強い研究実験室」(横浜市)とライフスタイルのストレス解消などが11日に中央区の神4の首都久ホールで講演をつかむNPO法人。 それが末期ガンに判決を下されますが、抗ガン剤も放射線治療も使用しないことでそれを回復した元患者が、体験談を話します、そして、シンポジウムが行われます。
それは、「すべての癌に関して、あなたは回復する」、および午後5時30分の講演がThree構成を満たす午前11時に権利を与えますか? スピーカーの肺癌は、損害保険会社の総支配人であるときに、Suizu(64)が1人とseihiroshiに関して98における山口県の生活=と等しいときに、この実験室の九州の沖縄のローカルの総支店の代表をしたように、生活習慣病試験で見つけられました。 非常に低い生存率に従った小細胞癌を伴う医師から「それは現代医学の治療法で無力です。 ただ、あなたが免疫を上げるという努力をすることができます。 」それは言われました。 食習慣は翌日から玄米菜食に変わります、そして、会社の協力は受け取られています、そして、授産所である人生は改良されています。 癌は5カ月で呼ばれたネイティブのshirizoが縮のshiであったならばそうするでしょう。
さん/さん Suizuが話している、「実際にライフスタイルを更新する方法で回復する多くの人々、および深い悲しみの下部に存在する患者がいるのを知ることができる、エネルギッシュにしてください、」 入会手続料4200円。 問い合せはさん/さんです。 Suizu(090・5695・7434)。 【Yosuke三木】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん患者に必要情報 冊子紹介 »
« 別患者の抗がん剤を投与