別患者の抗がん剤を投与

別患者の抗がん剤を投与

看護師のものが、6月に定期的に病院に行くので、その人の40でだれが広島赤十字における第4Internal医学部(血液)で癌の治療を受けるか、そして、市の中区広島の原子爆弾病院を女性患者に間違って、他の患者を管理したので、薬は10番目を理解していました。 異常は現在のところ、女性で見つけられませんでしたが、病院は「そこに、また、人体を危険にさらすのが可能性があった」として管理のシステムを強化しました。
女性は説明に従った外来治療部屋の6月10日のこの病院などの抗ガン剤など薬として8を管理したスケジュールしたたりを受け取りました。 1つを管理している間の看護婦長誤り、他の患者のための抗ガン剤(9ミリグラム)がある容器がしたたりにインストールされて、すべてが管理されたと言われています。 それを管理して、間違いを認めたので、病院が女性に謝った後に、看護師は、気付きました。
ラベルの確認を無視したこの病院によると、マニュアルが議会で提供された患者の個人の識別、薬の種類のなどを書くのが、原因であると言われています。 それによって人体への深刻な影響が全くないのがわかる、抗ガン剤、誤管理される、将来女性の治療計画でそれを使用する計画をした機会による薬はそうです。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


NPO講演会:がん治癒へ生活改善 元患者が体験談、座談会--きょう、天神 /福岡 »
« 「原発労災」対象を拡大 多発性骨髄腫とリンパ腫