「原発労災」対象を拡大 多発性骨髄腫とリンパ腫

「原発労災」対象を拡大 多発性骨髄腫とリンパ腫

厚生労働省の研究委員会は10日での放射にさらされたビジネスの労災補償物の病に悪性リンパ腫と多発性骨髄腫をつける政策について決めました。 これまで、救援の道路は、重い疾患があっても労働者側が1からのビジネスに伴う因果関係を立証しなければなりませんでしたが、原発労働者などが露出を固守したように戸外に思えます。
原発労働者などの放射を扱った労働者の労災補償に関して、それが昔のイラスト入りのコネでない、非常に、白血病、肺癌、および骨肉腫などは物でしたが、無器用の残りは労働者を置きます。
2004年1月に初めて、多発性骨髄腫に労災補償を認識しますが、まれな待遇を受けました、そして、悪性リンパ腫が去年の10月に原発労働者に関する労災補償であったと認めました。 個々の症例検討会では、放射線被曝がある多発性骨髄腫の因果関係は認められました。 認められて、放射線業務がある因果関係が物の病の白血病に関する類縁疾患として悪性リンパ腫に関してすることができたという流れ。
10日の研究委員会では、それが提示されて、一般に、放射線業務がある両方の病気の因果関係が認められて、厚生労働省が、いつ物の病気リストへの労災補償のイラストの是非に関する委員会の意見が承認された例証であったと聞いたかがそうされるということでした。
研究委員会は、1年の中にレポートをまとめて、結果を受けます、そして、厚生労働省は省令改正の手順を始めます。 研究委員会はアスベスト、慢性の胸膜の厚くすること、および塩化ビニールによって引き起こされた肝細胞癌で良性石綿胸水の労災補償認識の物の病でそれを例証する政策について決めました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


別患者の抗がん剤を投与 »
« 乳がんシンポジウム:小泉今日子モチーフの絵画をオークションに 売り上げを寄付