乳がんシンポジウム:小泉今日子モチーフの絵画をオークションに 売り上げを寄付

乳がんシンポジウム:小泉今日子モチーフの絵画をオークションに 売り上げを寄付

女優sのKyoko小泉をモチーフにする絵が、12日に賢人michikanada看護しているサイズ(東京中央区)によって開かれた「乳癌シンポジウム@賢人michikanada」(紀元前のネットワーク後援)によって発表されるのが理解されます。
さん/さんが活動に同意した絵 小泉日本人の芸術家とKaoruko、(示された、4月のニューヨークのチェルシー博物館の仕事によるニューヨーク生活に関するそのkaoruko) 描きました。 それは、11月に香港のされたオークションで示されて、乳癌の早期発見の販売から進んでいます。啓発、(keimou) などのため「紀元前のネットワーク」に寄付します。

講演会とコンサートなどはシンポジウムのようにテーマとして「乳癌は、エネルギッシュであって、ikiiki」で開催されます、そして、また、Kaorukoさんは参加します。 この大学「アリス。 C。 セントジョンの記念館」de午後–ある時の午後4時に。 入会手続料1000円(学生の存在でない)。 【2**の服部】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「原発労災」対象を拡大 多発性骨髄腫とリンパ腫 »
« 余命1ヶ月の花嫁:一部収益を寄付 がん研究振興財団に