労災:多発性骨髄腫と悪性リンパ腫、2疾患を対象に 原発の被ばくで--厚労省方針

労災:多発性骨髄腫と悪性リンパ腫、2疾患を対象に 原発の被ばくで--厚労省方針

30年間の添加
厚生労働省は、新たに放射由来の病気リストに多発性骨髄腫と悪性リンパ腫を追加する政策が労災補償物を作ったと決めました。 結果における原子力発電所などがある露出労働で両方の病気にかかるとき、それは、最新の国内外の調査結果を考えて、労災補償はスムーズに認識されるでしょう。 それは、本年度中に正式にそれについて決めます。
労働基準法実施規則でリストを78に提供しました。 白血病や、肺癌や、皮膚癌などの5癌の病は例証されます、そして、添加は1回目です。 リスト(=sakurainao議長と中央労働災害防止協会の技術的なアドバイザー)の特別な研究委員会が10日に行われました、そして、事務局の厚生労働省は、2つの病気を置くよう提案しました、そして、異論は出かけませんでした。
研究委員会で説明する放射線医学総合研究所の緊急被ばく医療研究の明石マントラとセンターヘッドに従って、原子力施設、医療被ばく、および原子爆弾の国内外の影響の最近の論文は調べられます。 その結果、露出の量が大きかったときにまた、病気の外観が増えるという関係は多発性骨髄腫のように認められました。 悪性リンパ腫が言われている、論文がある、どれ、そして、白血病と同様では、周囲で放射で由来を条件とさせるか妥当なデータと根拠が示されている。
多発性骨髄腫が男性を見分けた、(78歳、その時)、04と労災補償では、08における悪性リンパ腫でそれぞれ(死ぬときの53歳)の男性に認識されました。 認識の先例が全くありませんが、我慢強い側と厚生労働省の両方が研究書類などを集めます。 , そして、両方が原子力発電所で場所の様々ななどで反駁しましたが、長い間議論した詳細があります。

成長している労働者は、主として容易にそれを通知にするためには、労災補償です、リストの病気ものがインストールされて: . また試験が注意する認識に追加リストをする作業Standards Inspectionオフィス。
76年度2008の厚生労働省の統計には、放射由来の労災補償の総認識に48があります。 【**ri、大島】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


勝野夫妻 がん撲滅「773基金」設立へ…長女・七奈美さん葬儀に350人参列 »
« 映画「余命1ケ月の花嫁」収益の一部がん研究に寄付