映画「余命1ケ月の花嫁」収益の一部がん研究に寄付

映画「余命1ケ月の花嫁」収益の一部がん研究に寄付

TBSなどの3つの会社が「人の人生の残りの1つの月の花嫁」が若い24歳での乳癌で死んだ長島知恵に実話に拠点を置いた映画の生産に関連した約1501万円は基礎「癌の研究振興財団」(東京と築地)に合計で10日の収益の一部を寄付したということです。 他の2つの会社が、実話を本にするマガジンハウスのコミックに行く講談社です。 また、朝日新聞は映画生産に参加しました。
贈呈式、TBSの誠国のイチローディレクターで:「220万人は見ました。 映画の生産に関連する各社を代表してそれを寄付したいと思います。 」「私は有効に早期発見のためのお金の提供と乳癌の診察を利用したかったです」と話すとき、基礎のMasataka Koda理事長は、答えました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


労災:多発性骨髄腫と悪性リンパ腫、2疾患を対象に 原発の被ばくで--厚労省方針 »
« がん「患者必携」、完成版作成へ