多発性骨髄腫と悪性リンパ腫が例示リストに

多発性骨髄腫と悪性リンパ腫が例示リストに

それはMikiko渡辺@原子力資料情報室です。 それはニュースうれしいです。 私たちは容易に報告するつもりです。
多発性骨髄腫と電離放射線による悪性リンパ腫は、労災補償認識の病気リストで例証されるために決められます。
電離放射線による多発性骨髄腫と悪性リンパ腫(非ホジキンリンパ腫)が「労働基準法実施の35の特別な研究委員会が判決を下すという記事」という今日保持されている3日の労災補償認識のイラスト病気リスト(10番目)に追加されるという方向性は決められました。
それが事務局によって提案された、それがそれを項目に追加する、「10、7番目、」 Article35別表の労働基準法実施規則の2/1では、適当にしてください。「7番目の癌で10病気電離放射線にさらされたビジネスによる白血病、皮膚癌、骨肉腫または甲状腺癌が材料をさばいたか、癌が要素をさばいたか、または癌は過程をさばいた」という詳細が12月までにまとめられる予定であるレポートの作成過程で調べられます。
- tsutemoに説明されて、イラストリストが同時に調べられた以下に決められたということである方向性。・アスベストによる良性石綿胸水と瀰漫している胸膜の厚くすること
・塩化ビニールによって引き起こされた肝細胞癌

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん「患者必携」、完成版作成へ »
« 映画『余命1ヶ月の花嫁』、がん研究支援に約1,500万円寄付