映画『余命1ヶ月の花嫁』、がん研究支援に約1,500万円寄付

映画『余命1ヶ月の花嫁』、がん研究支援に約1,500万円寄付

Aが収益を離れさせる、shinematou、dei、映画ニュース映画、10日での癌の研究サポートのため’人の人生の残りの1つの月の花嫁’を基礎癌の研究振興財団に寄付しました。
映画、’1の月の花嫁、人の人生’写真ギャラリーの残り

この仕事は、2007年に文書のプログラムとして放送されて、実話をそれにすることによって若い乳癌と戦うのがフィルムの中に大きいエコーを引き起こしますが、24年の人生を生き続けた長島知恵の外観について表現する感動している仕事です。 知恵ポストを取りました、そして、**太志はsakaekuraにTaroが掲示する、****知恵の恋人、および別名**を実行しました、そして、**kiryuuichi監督はメガホンを取りました。
東京にこの仕事の生産の起源、本の出版社、および面白い出版社におけるTBSテレビのマガジンハウスの講談社の代表をあるようにしたこの基礎が、訪問されました、そして、1500万円に関する貢献はこの日に提示されました。
行くTBSテレビの平野のプロデューサーTakashi「様々を通して世界に知らせられて、**がそうすることができた知恵サンドイッチに本、コミック、および映画のような1などをする最終的に全く’診察の重要性の生活で素晴らしい’メッセージ , そして、知恵の願望は、寄付するためにあらかじめである形に決められました。 私は、使用が研究して、うれしくなるようにそれを寄付することによって癌を抑圧すると思います。 」それは話しました。
大きな支持は受け取って、若い女性の層、および興行収入が関する5月9日に対する公開されたこの仕事の周りでは、30億6000万円とスマッシュが6日間の7月の時点で当たったということです。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


多発性骨髄腫と悪性リンパ腫が例示リストに »
« 粗食は長寿、がん・心疾患・糖尿抑制…サルで実証